夙川アトムと伊武雅刀激怒!キアリスがショーケースを大急に返す?べっぴんさん第10週後半あらすじ

Sponsored Link

大急出店初日、2日目とお客さんが全く来ない「キアリス

しかし、すみれ達の取った行動で3日目から大盛況となります。

大急出店7日目、商品が足りなくなったキアリスは、ショーケースを大急に返すのです。

その行動に担当小山役の夙川アトムと社長役伊武雅刀激怒するのです!

さぁ、どうなるのでしょうか…?べっぴんさん第10週後半あらすじを紹介します!

第58話あらすじ

べっぴんさんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

紆余曲折はありましたが「キアリス」

大急百貨店でのオープン初日です。

 

しかし、初出店で2つもショーケースを貰えた

「キアリス」に対する子供服売り場の多店舗からの視線は冷たいのです…

uriba

出典:pbs.twimg.com

そんな中、ピンッと背筋を伸ばした悦子様が

大きな声で子供服売り場のスタッフ全員に挨拶をします。

悦子「おはようございます!私達が売り場に立たせて頂きます。今日から10日間、どうぞよろしくお願い致します!」

 

悦子様の迫力に、子供服売り場が騒然となります。

悦子も売り場に立てるなんて、夢みたいだと話します。

そして、どんな生き方をしていても、幼い頃に叩き込まれた事は

絶対に役に立つはずと、母に教えてもらったともいいます。

 

誰もが夢と希望に満ちていました。

 

4人が交代交代に大急へ偵察しに行きますが

その日午後を過ぎても、お客さんは誰一人として来ていません。

結局、初日・二日とお客さんは誰一人と来ませんでした。

okyakusan

出典:storage.mantan-web.jp

sinpaii

出典:pbs.twimg.com

4人はお客さんに来てもらう為に、作戦を考えます。

すみれは「年配のお客さんが多い事」に目を付けました。

百貨店には、お母さん世代のお客さんが少ないとしたら、自分達で呼ぶしかないと話し合います。

showcace

出典:navicon.jp

その夜、夫3人組が心配してキアリスを訪ねて行きます。

すると4人は、夜遅くまでキアリスのポスターを作成しています。

 

翌日、4人はポスターを街中の至る所に貼らせてもらいます。

お母さん達世代の目に留まるような場所に何枚も貼っていきます。

posuta

出典:pbs.twimg.com

posuta

出典:pbs.twimg.com

ポスターの効果もあって、大急店にはお客さんが詰め掛けます。

やっと、心からの笑顔のすみれです。

okyaku

出典:pbs.twimg.com

第59話あらすじ

べっぴんさんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

大急出店7日目、キアリスは大盛況です。

様子を見に来た紀夫は、すみれに対して「凄いなぁ、すみれは」とこぼします。

新しい企画の為に、営業周りをしていた紀夫ですが、中々上手く行かないようです。

 

その日、大急社長の元へゆりと潔と紀夫が新企画の案を持って訪ねて行きます。

「洋裁と服地のセット販売」という新しい企画案に、社長大島も興味津々です。

 

ゆりが大島へ説明を始めます。

  • 百貨店の一角に教室を作る
  • 教室参加者にカタログを見てもらう
  • 気に入った洋服を手作り出来る
  • 新鋭デザイナーの作った型紙と服地のセットを売る
  • 服地はナイロン等の新素材を積極的に使う

作り方を百貨店の中で教える事で、百貨店にも新しいお客が流れて来る。

 

そんな話しの最後にゆりは大島に決断を迫ります。

ゆり「もし、大急さんが乗って下さるのなら、すぐにでも始めたいです。もし、乗って下さらないなら、この足で他の百貨店へ行こうと思います!いかがですか?」

大島「ははは…!」

大島は笑顔で、ゆりに頷くのでした。

semaru

出典:pbs.twimg.com

教室運営を任された紀夫は、潔に「経理が向いています」と話しますが

潔は「紀夫の可能性を広げて欲しい」と任せるのでした。

Sponsored Link

その夜、紀夫は押し潰されそうになる気持ちを抱えて飲みに行きます。

「初対面の人との付き合いが苦手」だとうなだれて言う紀夫に

「新しい人に会う事で世界が広がる」と考えると昭一がアドバイスします。

「違う生き方を見つける手もある」と勝二が職替えのアドバイスもするのです。

 

ベロンベロンに酔っぱらって帰宅した紀夫はすみれに

「すみれ、僕は職を変える!職を変えるんや!」と話します。

 

翌朝、大急店の商品が足りないので、補充しに行くすみれ達。

そこへ、慌てた様子の担当者小山がすみれ達を呼び出します。

小山「ホンマに困るんですよ!!!!」

明美「何がですか?」

小山「商品はちゃんと補充してもらわなっ!!!!せっかく来たのに品切ればっかり!苦情が沢山入ってます!とにかく、折角のショーケースをすっからかんにしておくなんて、みっともない事は辞めて下さい!」

明美「ちょっと待ってくださいよ!売上予測を出したのはそっちじゃないですかぁ!私達はそれに沿って用意しとったんです」

小山「予測は、あくまでも予測です」

明美「えぇ!今更そないな事いいます?!」

hojuu

出典:pbs.twimg.com

小山から、そう言われた2人は悩みます。

すみれは「何か…何かなぁ…」と言いながら「ショーケースを1つ返そう!」と思い付きます。

tesshu

出典:navicon.jp

キアリスがショーケースを撤去する準備をしていると

売り場のスタッフが寄って来て、何しているの?とすみれ達に尋ねます。

ショーケースを1つ返す事を伝えると、売り場スタッフが驚きます。

スタッフ「…聞いた?皆ショーケースが欲しいでたまらんのに…!」

その姿を見た大島社長は、怒っている面持ちですみれ達を見るのでした…。

第60話あらすじ

べっぴんさんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

すみれと明美は、大島社長に呼び出されます。

担当者小山は、社長の前ですみれ達を怒ります。

小山「勝手にショーケースを整理するなんて、ホンマに信じられへん事を!」

大島「ショーケースを減らすのではなく、商品を増やしてみてはどうかな?あと3日でも、わざわざここに出店をしなければ、出会うはずの無いお客様と商品との出会いがある。これはとても素敵な事じゃないか?黙って過ぎても3日、懸命に過ぎても同じ3日や!」

大島の言葉で、すみれと明美はやる気が入るのでした。

 

お店に戻った二人は、君枝と良子に大島から言われた事を伝えます。

そして、近所の女性達に徹夜での協力をお願いします。

無理なお願いだと思っていたら、誰かの役に立つ仕事は楽しそうだと協力してくれる事となりました!

 

そして、とにかくもう、作れるだけの物を作りました。

彼女たちを突き動かすのは、お客さんへの想いと

ほんのちょっぴり芽生え始めた商売人としてのプライドなのでした。

 

最終日、ショーケースの中は空の状態になりました。

最後の一仕事である10日間の集計を、明美が行います。

 

明美がそろばんを打つ音がお店に響き渡ります。

すみれ、良子、君枝、武4人は、明美の集計が終わるのを息を飲んで待っています。

 

そして、全ての売り上げは12万円だったのです。

その額は、始めの目標4万円の3倍もの金額を売り上げでした。

馬鹿にした主人達を見返せる!と君枝と良子は大喜びです。

 

夫達は、行きつけの呑み屋に集まっています。

紀夫が、最終日は大急始まって以来の売り上げだったと話しています。

そこへ、すみれ達も加わって打ち上げが始まります。

ennkai

出典:storage.mantan-web.jp

明美は、打ち上げには入らず1人家に帰ります。

そんな明美を武が追いかけて行きます。

明美「夫婦の会やったから、遠慮したわ。人の惚気話し聞くより、今は寝たいわ。武ちゃんは?あっちで食べてきい?」

武「ワシが一人前になるまで、待っちょってくれませんか?ワシ次期一人前になって、明美さんを幸せにしたいです」

明美「突然何言い出すんや?いくつ違うと思うてんの?」

武「歳なんて関係ないんじゃ、ワシ明美さんの事が好きなんじゃ!明美さんを幸せにしたいんじゃ!一緒に温けぇ過程をつくりてぇんじゃ!」

明美「武ちゃんありがとう。わぁ…嬉しい!お休み!また明日な!」

武からの言葉に、明美はちゃんとした返事を返さずに家に入ってしまうのでした。

take

出典:pbs.twimg.com

良子の息子龍一を、1日だけ君枝の義母琴子が預かってくれていました。

君枝夫婦と龍一を迎えに、良子夫婦は君枝宅を訪ねます。

龍一が迷惑掛けていないか心配していた良子に、琴子は「龍ちゃん良い子よぉ」と言ってくれるのです。

良子達は、我が子を褒めてもらえて、とても感動しています。

 

そして、紀夫は頭を抱えて机に向かっています。

  • 教室は大急の6階
  • 毎週土曜日に説明会を開催
  • 入学は月1回
  • 毎月初めに入学式を行う

入学式と説明会を仕切る事となった紀夫は、原稿を徹夜で書いています。

utiawase

出典:pbs.twimg.com

遂に、「大人のための洋裁教室」第1回が開催されます。

会場は、大勢の人でごった返しています。

そのお客さんの多さを見て、紀夫の顔が凍り付いています。

紀夫は、極度に緊張して入学希望の生徒の前で倒れてしまうのです!

kyoushitu

出典:cdn.mainichi.jp

その頃、キアリスには大急社長婦人が社長大島を連れてやって来ています。

大急社長夫人だと知らないすみれ達は、大島の姿を見て驚きます。

妻「この人に、キアリスさんの話しをして、買った物全部見せたのよ。そしたらもう、一気に火が付いて!」

大島「ははは、うん」

妻「結局、10日間の出店は良かったのかしら?」

すみれ「はい!新しいお客様も増えました。大急に出店しなければ出会えなかったお客様と出会う事が出来ました!ありがとうございました!!!」

妻「それなら、よかったわぁ!」

大島「今日は、君たちに話があって来たんだ。正式に出店をしてみないか?」

すみれ「な、何日間ですか…?」

大島「ずっとだ。何年も、何十年も。大急百貨店にキアリスの支店を出さないか?」

そのお誘いが、どんなものなのか、ピンと来ないすみれでした。

べっぴんさん第11週あらすじはコチラ!

永山絢斗宮田圭子芳根京子3人が倒れる!どうなる?大急出店の支店キアリス

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
読んでくださり、楽しんでくださった方は
FBやツイッターなど「シェア」お願いします。
シェアなどされると、読んでくださっている方がいるんだ!
と、更新を止めないで続ける励みになります!

誰よりも早く受け取るなら「イイネ!」


コメントを残す

とと姉ちゃん投票中

「投票する」をクリックで結果が見れます♪