女優谷村美月の英語力が凄い?明美がキアリスの通訳担当となる!べっぴんさん第14週後半あらすじ

Sponsored Link

キアリスはベビーとキッズの総合店となる為に

外国との取引を積極的に進めていく必要があると感じます。

そして、外国との取引の為に、英語の分かる明美が通訳となる事に!

外国人相手にベビーナースを行っていた女優谷村美月さんの英語力凄いのでしょうか?

べっぴんさん第14週後半あらすじを紹介します!

第78話あらすじ

べっぴんさんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

昭和25年1月3日

まだ世の中はお正月休みです。

商店街の人々は皆帰省しており明美一人だけでお正月を過ごしていました。

そんな中、武は大分の田舎から神戸へ帰って来ます。

 

明美は武に白みその御雑煮を出して一緒に過ごします。

明美は3日振りに人と話すようで、嬉しそうでした。

そんなこんなで、お正月休みは終わっていきました。

 

1月4日、今日は仕事初めです。

お正月は女性達皆が着物姿でキアリスに集まります。

1人だけ着物を着ていない明美の為に、すみれはゆりから着物を借りてきていました。

 

キアリスでは、紀夫が新年の挨拶をします。

紀夫「今年のキアリスの目標は、先を見据えてベビーと子供用品の総合店。その基礎となる部分を作る事です。今年も皆で力を合わせて頑張りましょう!食べて、飲んで、ご歓談を」

食べて、飲みながら、女性達はアメリカ製の乳母車や箪笥が可愛いと話しています。

そんな女性達の話しを、後ろで興味深く紀夫が聞いています。

 

そして、昭一と勝二もキアリスに顔を出します。

すると紀夫が、昭一と勝二にも話を始めます。

紀夫「キアリスが総合店を目指すにあたって、アメリカとの取引も頭に入れといた方が良いんやないかと思うてるんです。どない思われます?」

昭一「あぁ、準備はしておいた方が良いと思います。これから外貨もオープンになるやろうし、商社とのツテを使って、輸入も出来るかもしれんしな」

すみれ「そしたら、英語が必要よね?」

紀夫「あぁ…ゆりさんはどうやろう?」

すみれ「お姉ちゃん…?そうねぇ、大学でもかなり英語の勉強はしていたし、会社も辞めてるし協力して貰えないか頼んでみます」

そんな話しを、英語を勉強している明美は、少し寂しそうに聞いているのでした…。

 

すみれは、ゆりの自宅を訪ねます。

そして英語の仕事を頼むのですが、ゆりは子育てに専念したいと断るのです。

 

お店に戻ってすみれはその事を皆に報告します。

大急百貨店の大島からの紹介で、アメリカベビー家具メーカーの担当者と

来週会えることになっていると紀夫は話します。

 

その話しを聞いた武が、通訳に明美を推薦します。

お正月も勉強をしていたと武が皆に話します。

外国人相手のベビーナースをやっていた経験もある明美が

一番適任だと話し、通訳を引き受ける事となりました。

 

そして、翌週大急で会談が行われます。

明美は緊張した面持ちで、担当者ジミーと握手を交わします。

しかし、明美の英語力は、交渉を円滑に出来る程の物ではありませんでした…。

自分の英語力を知った明美に、掛けてあげられる言葉が見つからないすみれなのでした…。

Sponsored Link

第79話あらすじ

べっぴんさんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

アメリカのメーカーとの商談で自分の英語力を思い知らされた明美。

今まで助けて来てくれた英語を、明美は手放そうとしていました…。

 

キアリスでは、紀夫が朝礼で今年1年の計画表を作る事を提案します。

  • 雑貨:良子
  • 玩具:君枝
  • 家具:明美?
  • 輸入:?

4つの班に社員を分けて、担当者を決めるようです。

明美は、輸入班を選ばず家具を選ぶのです。

 

そんな明美の姿を見たすみれは

ゆりに明美に英語を教えてくれるようにお願いします。

ゆりは、家で出来るからと承諾してくれます。

 

すみれは、明美にゆりから英語を習わないか尋ねますが

明美はその話しを断るのです…。

 

後日、ゆりはキアリスに明美を尋ねてきます。

ゆり「あ、そうそう。すみれから明美ちゃんに英語を教えて欲しいって頼まれてて、そのままやったから気になってたんよ」

明美「あぁ、それはすみれちゃんに断りました」

ゆり「そうやの?なんで?」

明美「向いてない思うんで…」

ゆり「何に?別に私は、あなたが英語を習っても習わなくてもどっちでもいいのやけど…そやけど、一言言わせてもらうと、あなたの自意識はいらない自意識やと思うわ!大方、人前で恥をかいてしまって、もう傷つきたくない…そんな所でしょう?」

明美「何で…?誰が?」

ゆり「誰に聞かなくても、あなたを見ていたら分かるわよ。私も勉強して来たんやから、どれだけ恥をかいたか、どれだけ笑われたか!でも、そこを乗り越えなければ一生中途半端なままよ?折角今までやって来た事も、水の泡!それで本当に良いの?手に入れたい物があるなら、絶対に手に入れる気持ちでやらないと!なりふり構わず一生懸命!」

そんなゆりの言葉を、明美は静かに聞いていました。

 

その夜、明美は麻田さんと話をします。

麻田「明美ちゃん…聞きたい事があるんです。もし、もし、ここがのうなったら…」

明美ちゃん「ここ、閉めるん?」

麻田「いやいや、いずれはの話しです。私の身体が動かんようになって、上手い事作れんようになったら…」

明美「…びっくりさせんとってよ」

麻田「そんでも、いずれは訪れるんです。そないな日が…そうそう!頼れるのは、自分だけやから…」

 

麻田さんはそう言って、明美に英会話の本を渡すのでした。

 

翌日、明美はすみれにゆりから英語を習いたいと話します。

そして、明美の英語を聞いたゆりはとても驚きながら

ビジネス英語や専門用語を中心に教えて行きます。

 

たった一人では踏み出せなかった1歩も

ほんのちょっと背中を押してくれる誰かが居る事で、その道を行く事が出来るのです。

べっぴんさん第15週前半あらすじはコチラ!

古川雄輝って何歳なの?学生服が似合う塩顔バイリンガル!

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
読んでくださり、楽しんでくださった方は
FBやツイッターなど「シェア」お願いします。
シェアなどされると、読んでくださっている方がいるんだ!
と、更新を止めないで続ける励みになります!

誰よりも早く受け取るなら「イイネ!」


コメントを残す

とと姉ちゃん投票中

「投票する」をクリックで結果が見れます♪