百田夏菜子がお店に戻るきっかけは子役の松田苺ちゃん?べっぴんさん第6週後半あらすじ

Sponsored Link

すみれ、君枝、良子の3人で作った洋服を、見つめる女の子が居ました。

子役松田苺ちゃん演じる美幸は、入学式に着たいなぁと話すと

すみれ達は美幸の為に、入学式で着る事が出来るように仕立て直したのです!

この事が、百田夏菜子演じる良子がお店に戻るきっかけとなるのでしょうか…?

べっぴんさん第6週後半あらすじを紹介します!

第34話あらすじ

べっぴんさんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

色々ありましたが、君枝はすみれ達の元に帰ってきました。

一方良子は、夫勝二とギクシャクした関係になっていました。

そんな中すみれは、宿題の答えを見つけたようです。

 

すみれは、見つけ出した答えを持って、父五十八を訪ねます。

すると、そこに久しぶりに、潔と栄輔の姿がありました。

昔から取引があった焼け残った工場に、新たに取引の話しをしに行くようです。

栄輔は、大事な時にすみれに会えるのは、運命やと話しています。

ゆりは、無理して笑顔を作り、潔達を送り出します…

すみれは、姉が無理している事に気付いたようです。

eisukesumire

出典:pbs.twimg.com

そして、五十八に「すみれ達にしか出来ない売り文句」を報告します。

すみれ「それは…私達にしか作れない場所があると言う事です。明美さんの知識を使って、ベビー相談室を開こうかて」

ゆり「明美さんって、あのマツさんの娘さん?確かベビーナースやったんよねぇ?」

五十八「ほぉ~!ほんで?」

すみれ「子育てをしてて、1人で悩みを抱えているお母さん達は、沢山居ると思うの。そういう人達が、気軽に遊びに来ることが出来て、相談が出来たり、子育て仲間のお母さんが出来たり…それと売り上げが結びつくか分からないけど…けど!沢山のお母さん達に知ってもらえるし、継続的に人は来るんやないかと思って…」

五十八「…なんちゅう、ええ考えやっ!!!!」

すみれ「ホンマに?!ホンマにそう思いますか?」

五十八「あぁ!すぐにでも始めたれ!」

すみれ「はいっ!」

すみれは、父五十八からの褒め言葉を貰って、意気揚々とお店に帰ります。

soudan

出典:navicon.jp

すると、お店の前には、以前もショーウィンドウを眺めていた女の子がまた居ました。

女の子はショーウィンドウに飾ってあるすみれ達が作った洋服を、ずーっと見つめています。

そしてすみれは、女の子に「この洋服気に入ってくれたのかなぁ?ちょっと着てみる?」と話します。

女の子は、驚いたように、嬉しそうにすみれの顔を見るのです。

girl

出典:newsimg.music-book.jp

miyuki

出典:pbs.twimg.com

女の子は、お店に入って、すみれに洋服を着せてもらいます。

女の子「これ、誰が作ったの?」

すみれ「私達よ。皆で作ったの」

女の子「素敵やねぇ!えぇなぁ…」

すみれ「ありがとう!どこか、着て行きたい所があった?」

女の子「入学式やから…」

Sponsored Link

その女の子は、みゆきちゃんと言います。

すみれ、明美、君枝の3人は、みゆきちゃんが入学式に着て行けるよう

採寸して、ワンピースをみゆきちゃんピッタリに作り替えてあげるのです。

6

出典:cdn.mainichi.jp

作業をしていた君枝は、ワンピースを見ながら「凄いなぁ…」と呟きます。

お腹の所がスッとしていて、横がふんわりなるようにと、君枝が描いた通りにワンピースが作られている。

良子の型紙じゃないと、こんなに綺麗な曲線を出す事が出来ないと、すみれも話します。

3人は、そんな話をしながら、良子の事を気にしています…。

sugoi

出典:amd.c.yimg.jp

すみれは、明美と君枝の2人に

良子に開店の前に作ってもらった商品のお金を届けたいと相談します。

すると明美は、当然の事だから、届けてあげた方がいいと返事をするのです。

 

その頃、良子は家で縫物をしながら、勝二の事を考えています。

勝二は、なかなか仕事が決まらないようで、飲んで帰ってくるようなのです…

 

その夜、すみれが家に帰ると、ゆりが訪ねて来ていました。

ゆりは、家に居ても潔も留守ばかりだし、手伝える事が無いから

しばらく、家にお邪魔になって、すみれの頑張っている所を見たいと言います。

 

翌朝、結局、勝二は家に帰って来なかったようで、良子は悲しそうに洗濯をします。

そこへ、すみれが訪ねてきます。

そして、すみれは良子に君枝が店に戻った事を報告します。

良子も、他に変わった事が無いか、尋ねます。

皆で作った洋服を女の子の入学式に着てもらう事も報告すると、良子も大喜びです。

 

そして、すみれは良子に作ってもらった商品分のお金を渡します。

すると良子は、自分の勝手で辞めたから、受け取る事が出来ないと断るのです。

 

そんな中、家に勝二がベロンベロンに酔っぱらって帰ってきます。

すみれが来ている事に気付いた勝二は、すみれにお辞儀をし、慌ててどこかへ行ってしまうのです…

良子は、悲しそうな顔で勝二を呼びますが、その声は届きませんでした。

 

良子が再び笑顔を取り戻す為に、すみれには何が出来るのでしょうか…?

第35話あらすじ

べっぴんさんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

すみれが、お店に帰ると君枝と明美は近所の女性達に

「ベビー相談室」について、話しをしていました。

女性達は、明美の知識を教えてもらえるのを、楽しみにしているようです。

 

すると、そこへ美幸ちゃんが出来上がったワンピースを見に来ました。

ワンピースを試着した美幸に、すみれ達はワンピースをあげると話します。

そして、美幸はすみれ達とワンピースをずっと大切にすると約束するのでした。

 

家路についていると、すみれは屋台に座っている勝二を見つけ声を掛けます。

そしてすみれは、良子が受け取らなかったお金を勝二に渡します。

良子が受取れないと言ったお金を、勝二も受取ろうとしないのですが…

すみれは、このお金で勝二が結婚の時に、良子に贈った時計を買い戻して欲しいと勝二に頼みます。

nomiya

出典:pbs.twimg.com

良子は、大切な友達で幸せになって欲しい。

良子を幸せに出来るのは、夫である勝二しか出来ないのだと、すみれは話すのでした…。

すみれの話しを聞いた勝二は、その足で時計屋へ向かいます。

clock

出典:pbs.twimg.com

勝二は、家に帰って、良子へ買い戻した時計を渡します。

良子は、その時計を見て、驚きます。

良子「どうしたの?これ…?」

勝二「ワシは良子よりも、あまりにも年上過ぎて、何をどうしたらええんか分からん所があって…良子みたいな人が嫁に来てくれただけでも、ありがたくて…その時計は、一緒に時を刻んで欲しい思うて渡したんや。もういっぺん、一緒に時を刻んでくれ」

勝二は良子の目を見てそう言い、良子の手首に腕時計を付けてあげるのです。

良子は、目に涙を一杯溜めて、勝二を見つめていました。

ryokatu

出典:pbs.twimg.com

ryo

出典:pbs.twimg.com

iihou

出典:livedoor.blogimg.jp

翌日、すみれ達は「ベビー相談室」のポスターを作っています。

そこへ、息子を連れた良子がやって来ます。

そして、すみれは良子の手首に付けてあった時計を見て驚きます!

すみれ「良子ちゃん、これ!」

良子「ウチの人に話してくれたんでしょう?」

すみれ「大丈夫やった?余計な事やと思ったんやけど…」

良子「余計な事なんかや無いよ、すみれちゃんのお蔭で、良い方に向かう事が出来てる。本当にありがとう。それが言いたくて来たの」

 

すると、そこへ入学式の前に美幸と祖父がお店を訪ねてきます。

美幸の両親は亡くなり、祖父が1人で育てているようで

美幸のこんなに明るい顔を見たのは久しぶりだと、美幸の祖父は話します。

granpa

出典:pbs.twimg.com

そんな話を聞いた良子は、美幸の髪の毛を可愛く結ってあげると言います。

孫の可愛くなった姿を見た祖父は、とても大喜びして、入学式へ向かうのです。

nyugakusiki

出典:pbs.twimg.com

良子は「春の入学式」をイメージして、皆で作った洋服が

本当に入学式で着てもらえるて、とても感動します。

6

出典:cdn.mainichi.jp

ryokoryu

出典:pbs.twimg.com

そして、良子は、すみれ達に

良子「ここで、もういっぺん働きたい」

こうして、4つ葉のクローバーは再びそろい、すみれ達は、再出発しました。

 

そんな時、すみれの家に軍服を来た男性が訪ねてきます。

男性「坂東紀夫さんのお宅でしょうか?」

すみれ「はい…」

男性「奥様でしょうか?」

すみれ「はい…」

dareka

出典:navicon.jp

第36話あらすじ

中山「突然申し訳ありません。私は、部隊は違いますが、同じ戦場に居ました、中山照之と申します。これをお返しに参りました」

すみれ「これ…あの、紀夫さんはどこに居るんですか?」

中山「すみません…わかりません。戦地で移動の間のほんの数日一緒だったんです。そこで、それを貸してもらって。大切なものだと違いないと…」

すみれ「それでわざわざ…紀夫さん…」

生死すら分からない紀夫を、すぐ近くに感じるような、果てしなく遠くに感じるような、そんな出来事でした。

そして今日も朝が訪れます。

 

そして、ベビー教室開催の日が訪れました。

大勢のお母さんが押し寄せて、様々な赤ちゃんの相談を明美にします。

全ての相談に、的確に返答をして、お母さんたちを安心させる明美です。

soudannsitu

出典:pbs.twimg.com

帳面を立ったまま付けていた君枝に対して

すみれは、ずっと一緒に働くためには無理しないで、奥で休んで来てと話します。

しかし、君枝は仕事があるから…となかなか休もうとはしません。

そんな君枝ですが、訪ねて来たゆりが、帳面付けを変わってくれるのです。

 

すみれは、人形を使って、おしめの使い方を女性達に教えます。

布1枚でおしめが出来る事、身体に沿うので、赤ちゃんにとって気持ちが良い事

そんな事を話しながら、女性達に新しいおしめを伝えていきます。

oshime

出典:dramablog.cinemarev.net

その夜、ベビー相談室が無事に終わり、すみれ達はお店で感想を言い合います。

良子は、どんな質問にも完璧に答えていた明美を、尊敬しています。

君枝は、帳面をゆりが綺麗に付けてくれたから助かったと話します。

すみれは、おしめが欲しくても買えない女性がとても多く感じたと話します。

 

すみれは、「何か、何かなぁ…」と呟きながら考えます。

すみれ「あ!自分で作れるように、型紙と材料を売ったらどうやろう?」

明美「それなら、手間賃分安くできるなぁ!」

君枝「良子ちゃんの型紙よ!」

良子「売れるのかなぁ?」

麻田「ええと思いますよ!お客さんを第一に考えての商品です!」

すみれ「うん!それよぉ!」

 

帰宅して、裁縫が得意でないゆりが型紙通りに肌着を作れるかどうか試します。

ゆりは、すみれに対して「それにしても、良く思い付くなぁ!すみれは商才があったんやね!」と褒めます。

すみれは、お客さんが自分と同じ立場のお母さんだから、自分だったらと考えるだけだと答えます。

 

翌日、すみれは、ゆりが型紙通りに作った肌着をお店に持って行きます。

綺麗に作れている、肌着を手に取って見た3人は驚きます。

ただ、袖の右と左を間違えそうになったと話します。

すると、良子が、型紙の縫い合わせ部分に同じ色を付けたら?と提案します。

 

早速、全員で型紙を作って行きます。

するとそこへ、君枝の夫昭一が、君枝の様子を見に来ます。

君枝と離れていた分、君枝の顔が見たいのよ♡と言う良子。

そんな言葉を聞いて、すみれは紀夫の事を想い、どこか切なくなってしまいました…。

couple

出典:www.instagram.com

すみれが家に帰ると、自宅には栄輔が遊びに来ていました。

栄輔にすっかり懐いたさくらは、栄輔の傍から離れようとしません。

ゆりに「で、何しに来たん?」と聞かれた栄輔は、すみれに会いに来たとは言えず

「さくらちゃんの顔が見たい」と思って!と苦しい言い訳をしました。

4ninn

出典:navicon.jp

喜代は、栄輔が持って来てくれた小豆をすみれに見せて、大事な時の為に取って置くと言います。

すると、どうせ取って置くならと、すみれは小豆を入れたお手玉を作ります。

栄輔は、出来上がったお手玉で、さくらにお手玉遊びを見せてあげるのでした。

oredama

出典:pbs.twimg.com

すると、そこへ、誰かが戸を叩いて訪ねて来ます。

栄輔が扉を開けると、そこには紀夫の両親が居ました。

突然、家にやって来た紀夫の両親でしたが…

五郎「紀夫の事、もう諦めてもらないやろうか…?」

その言葉に、動揺を隠せないすみれでした…。

akiramete

出典:pbs.twimg.com

norioparents

出典:newsimg.music-book.jp

べっぴんさん第7週あらすじはコチラ!

永山絢斗演じる紀夫戦死?松下優也と結婚?キリアス誕生

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
読んでくださり、楽しんでくださった方は
FBやツイッターなど「シェア」お願いします。
シェアなどされると、読んでくださっている方がいるんだ!
と、更新を止めないで続ける励みになります!

誰よりも早く受け取るなら「イイネ!」


コメントを残す

とと姉ちゃん投票中

「投票する」をクリックで結果が見れます♪