坂東営業部ファッションショー開催!モデルは「キアリス」4人?べっぴんさん第8週後半あらすじ

Sponsored Link

紀夫は戦地から生還しましたが、職が決まらず何にもやる気が起きません…。

しかし、五十八の説得もあり、再び坂東営業部で働く事となります。

そんな中、紀夫はすみれに坂東営業部開催する事となった

洋服の「ファッションショー」を最後に仕事を辞めて欲しいと伝えるのです…。

モデルを務める事となった「キアリス」4人の想いとは?

べっぴんさん第8週後半あらすじを紹介します!

第46話あらすじ

べっぴんさんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

自分でも説明のつかない行動に出てしまう時

人は大抵、自分を見失っているものです…。

 

ゆりと潔は、以前ゆりがお酒の席で怒らせた石鍋に麻布作りを依頼する事となりました。

本家に来た石鍋は、ゆりの顔を見た瞬間、帰ろうとしますが、長太郎が引き止めます。

 

ゆりは、石鍋に夫潔を紹介します。

「狂犬の潔」と呼ばれていると少し脅しを加えて…。

二人の後ろに座っていた祖母トク子も「敵に回したら怖いなぁ…」と参戦します。

そんな話を、長太郎は笑いながら聞いているのでした。

kyouken

出典:pbs.twimg.com

潔は、強い目力で、石鍋を睨みつけながら話しを始めます。

潔「我々は大阪で、戦争で一度無くなった会社を再び始めよう思うています。ウチの会社は、今度は婦人服で復活させたいと思うています。思うてますねん!」

そんな事を言いながら、石鍋に圧を掛けていきます…^^;

mejikara

出典:pbs.twimg.com

結局、話しがまとまったようで、祖母トク子がゆりを褒めます。

「泥水は自分次第で湧き水に変えられる」

トク子が教えてくれた事をゆりは感謝します。

「私も変わらなねぇ」と決意を新たにするゆりでした。

 

その頃、紀夫は家で寝転がっています。

さくらはなかなか懐いてくれないようで、1人で家の外で遊んでいます。

紀夫は、何もやる気が出ないようです…。

 

坂東営業部では、洋服にどうやって注目を向けるか考えています。

ゆりがファッションショーをしたらどうかと提案します!

teian

出典:pbs.twimg.com

早速、ゆりはキアリスを訪ねて、すみれ達の力を借りに行きます。

縫製工場から出来上がる前にファッションショーをしたいから

ショー用のドレスだけ、4人で作ってくれないか?と言う依頼です。

 

君枝や良子は、ドレスを作ってみたい!と即答で返事をします。

一歩下がった所から話しを聞いていた明美は、渋々OKします。

明美の了承を得て、すみれが正式にゆりへ依頼を受けると話すのでした。

 

帰り際、ゆりはすみれに紀夫の様子を尋ねます。

仕事が決まらない事、もう頼りにする人が居ない事

紀夫が苦しい状況である事を、ゆりに話します。

ゆりは悲しそうなすみれを見て、何も言わずにすみれを抱きしめるのでした…。

kanasii

出典:pbs.twimg.com

その日、すみれの家に五十八と忠さんが訪ねて来ます。

五十八は、近江に帰って兄長太郎の手伝いをするつもりだと言います。

五十八「自分の居場所を見つけられるかどうかで、人生言うのは大きく変わるもんやな」

そんな言葉に、紀夫は暗い顔で俯きます…

 

すると、五十八は紀夫に頼みます。

五十八「紀夫君。ゆりと潔君に力を貸してやってくれないか?紀夫君が居ったら…」

紀夫「辞めて下さい!僕が何社から、何人から断られた思うてるんですか?」

五十八「何を勘違いしとる?!ワシは君に、坂東家の頭首の座を託したんや!葉床を譲るんや!ゆりもすみれも、自分の命以上に大事な娘や。その娘を君になら任せられる。子供の時から見て来た君になら任せられると、結婚して婿に入ってもらった。ワシが近江に引っ込むっちゅう事は、君にホンマに坂東家を託すと言う意味なんやぞ?」

紀夫「はい…家族の為にも、こんな毎日を続けて行くわけにはいきません。一刻も早く働きたいです」

父五十八からの、叱咤激励を貰った紀夫は、坂東営業部で働く事となりました。

58nori

出典:iwiz-cmspf.c.yimg.jp

翌日から、紀夫は坂東営業部に出社します。

紀夫は、謙虚過ぎる挨拶を社員達に交わし、栄輔に深々と頭を下げます。

栄輔も紀夫に対して、深々と頭を下げるのでした。

 

その夜、家では御馳走が用意されていました。

すみれは、紀夫が会社に出社してくれた事を喜びます。

 

紀夫も、すみれにお店の状況を尋ねます。

「なかなか難しいねぇ…」と言うすみれに対して

紀夫「もう、働かなくてえぇ。商売は甘いもんやない。ファッションショーが終わったら、仕事を辞めて家に戻ってくれ」

何の為に人は仕事をするのでしょう?

紀夫に返す言葉が見つからないすみれでした…

keieikiki

出典:amd.c.yimg.jp

久しぶりに、靴の注文を受けた麻田さんです。

栄輔がすみれを連れて来て外して欲しいと言いますが

麻田さんは「嫌です。すみれお嬢さんどないしましたか?」と心配します。

すみれ「紀夫さんに、ファッションショーが終わったら仕事辞めて欲しいって言われたの…」

栄輔「それはな、この仕事がすみれさんにとって、どんだけの物なんかを、紀夫さんが知らんからや思うで?知ってもらう努力をせな。自分の言葉で、伝える努力をせなあかんで?どうやったら伝わるんか、よ~く考えるんや!」

すみれ「栄輔さん…」

第47話あらすじ

べっぴんさんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

すみれは、どんな言葉で紀夫に気持ちを伝えるのが良いのか悩んでいます。

喜代さんも、そんなすみれの姿を見守るのでした…。

 

翌日、坂東営業部ではファッションショーのモデルについて話し合っています。

潔が待ちにいる普通の女性達を、モデルとしてきらびやかに輝かせよう!と話します。

「オリオン座は他の星を見つける目印になる」

「オライオンの洋服を着る事で自分の居場所を見つけてくれたら」そんな想いから

「婦人のためのモダンな輝き~Orion~」と言うブランド名でドレスを売り出します。

orion

出典:pbs.twimg.com

紀夫は、潔の自分の居場所を見つけると言う言葉を聞いて

自分の居場所はどこにあるのか、まだ迷っているようです。

会社に置いてある野球ボールでお手玉の練習をしながら、悩んでいます…。

 

早速、すみれ達はお店の近所に住む女性達にモデル依頼をします。

モデルなんて出来るわけがない…!と話していた女性達も

綺麗なワンピースを見て、モデルをする事を快諾します!

 

キャバレーで働く麗子も、モデルをしてくれる事になりました。

麗子は、キャバレー友人で綺麗な子が居るから、その子も連れて来るわっ!と話しています。

 

そこへ、試作品を受け取りに栄輔がお店にやって来ます。

帰り際、明美が栄輔にすみれとの事を尋ねます。

「わかってるよな?家族は大切にせなあかん」

栄輔に手を出さないように釘を刺す明美です。

 

栄輔は、明美に家族は居ないのか?と尋ね

お互いに天涯孤独である事を知るのでした。

 

翌週、キアリスでファッションショーのお稽古です。

モデルなんて初めての事で、音楽に合わせて歩く事は難しいようです…

しかし、何だかんだで楽しそうに稽古する女性達です。

 

すると、ゆりがすみれ達4人にも、モデルをして欲しいと頼みます。

ゆりの話しを聞いた紀夫は、お店を出て行ってしまいます…

追いかけようとすると、麗子が友人を連れてやって来ます。

 

舞台映えするように濃いメイクをして来た麗子に

ゆりは「それはあかん、ちょっとやない!」と真剣に止めます^^;

reikomeke

出典:pbs.twimg.com

そこへ、麗子の友人がお店に入って来ます。

その友人とは、すみれ達女学校時代の同級生「悦子様」だったのです。

悦子「あらぁ?ここが、あんた等の店なの?」

すみれ「そうよ…」

悦子「何っ????」

すみれ「ここが、私達のお店キアリスです」

悦子「ほぉ、やるやないかいっ!チクチクお裁縫がお趣味の手芸クラブ。えぇ場所見つけたね!」

すみれ「うんっ!」

Sponsored Link

稽古が終わって、洋服の最終修正をしながら、すみれが呟きます。

「なんか…何かなぁ…」

そして、すみれは、キアリスを宣伝するカードを作ってファッションショーで配ろう!とひらめきます。

 

君枝が、リスとクローバーのカードをデザインします。

4人は、時間も忘れてキアリスのカード作りをします。

良子と君枝の夫勝二と昭一は、早く帰ろう!と急かしますが

奥さんからの「お願い!」という言葉には弱いようです^^;

 

この時、すみれは確信しました。

キアリスは、やっと見つけた自分の居場所なのだと。

 

その頃、坂東営業部では潔と紀夫が話しをしています。

潔「ずっと思ってたんや。紀夫君とワシは、五十八さんとウチのおやじみたいになれるんやないかって。ワシは、坂東家を誰が継いでも支えると決めとった。そやけど戦地で、すみれちゃんとあの紀夫君が結婚したって聞いて、ホンマに嬉しかったんやで?」

潔は、紀夫と一緒に自分達の居場所を作ろうとしています。

 

紀夫は、今もがきながらも、変わろうと努力しています。

娘さくらとお手玉で遊べるように、会社の野球ボールで何度もお手玉の練習をしています。

3個連続キャッチが初めて成功し「できたぁああああああああ!」と一人叫ぶのでした。

第48話あらすじ

べっぴんさんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

ファッションショー当日、すみれ達は揃って朝食を食べています。

紀夫は、娘さくらに練習して来たお手玉を見せます。

紀夫のお手玉を見て、楽しそうに嬉しそうに笑うさくら。

そんな娘を見て、紀夫も嬉しそうにしています。

 

会場は、沢山の人で大賑わいです。

紀夫は、様々な人と名刺交換し、挨拶に忙しくしています。

紀夫の横では、潔がしっかりと紀夫を支えています。

 

一方、モデルを務める事となった女性達は

ワンピースを身にまとって、最終調整をしています。

モデルには、近江の本家の女性2人も参加しています。

すみれ達も、ガチガチに緊張しています。

 

ショーが始まってすみれ達の出番がやって来ました。

ステージに立った4人の顔は、とても引きつっています^^;

真顔な明美に、良子は笑うように言いますが…

「そんなんできん…。」と明美は、緊張で終始顔が引きつっていました。

etukosama

出典:pbs.twimg.com

etuko2

出典:pbs.twimg.com

最後に、モデルを務めた女性達が一言ずつ感想を言います。

すみれ「私達は、神戸の商店街で、ベビー用品と子供服のキアリスというお店をやっております。戦争が終わって来るし中、自分は何が出来るだろうと考えて今のお店を始める事になりました。やっと夫が帰って来てくれました。少しは生活に対する不安も少なくなりました。だからこそ、私は気が付いたことがあります。それは…お店が私の人生の喜びになっているという事です。世の中には、色んなことがあるけれど、仲間が居れば大きな力が生まれる事、1人では出来ない事も、仲間が居れば出来る事。女の人も、そんな夢を見る事が出来る世の中になればと思っております。人を信じる事の豊かさと、夢を叶えて行く姿を私は娘に見せてやりたいです」

会場の後ろからすみれの話しを聞いていた紀夫は、すみれの想いをしっかりと受け取ったようです。

そしてもう一人、すみれの言葉に心を揺さぶられた男性が「キアリス」に可能性を感じたようです。

fa

出典:livedoor.blogimg.jp

ショーが終わって、誰も居ない事を確認すると

ゆりは、ドレスを手に嬉しそうに1人でランウェイを歩くのでした。

本当は、モデルとしてランウェイを歩きたかったのでしょう。

ranway

出典:pbs.twimg.com

すみれの言葉をステージの横で聞いていた栄輔。

栄輔は、潔に挨拶をし、どこかへ向かいます…。

栄輔はこの時を最後に、姿を消しました。

sayonara

出典:pbs.twimg.com

sayonara2

出典:pbs.twimg.com

eisuke

出典:contents.oricon.co.jp

紀夫は、すみれに話しをします。

紀夫「すみれの気持ちよう分かった。自分だけ浦島太郎のような気持になっとったけど、それではあかんのやな」

すみれ「ありがとう」

すみれは紀夫に抱き着きます。

その様子を喜代とさくらは、驚いてみているのでした。

hug

出典:pbs.twimg.com

 

やっと、やっとこれからが、今始まろうとしています。

紀夫の、止まっていた時計も動き出すのでした…。

clockstart

出典:pbs.twimg.com

べっぴんさんあらすじ第9週前半あらすじはコチラ!

大急百貨店にキアリス出店?チャンスが到来するも断る?

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
読んでくださり、楽しんでくださった方は
FBやツイッターなど「シェア」お願いします。
シェアなどされると、読んでくださっている方がいるんだ!
と、更新を止めないで続ける励みになります!

誰よりも早く受け取るなら「イイネ!」


コメントを残す

とと姉ちゃん投票中

「投票する」をクリックで結果が見れます♪