デパートの売れ残り商品は廃棄処分?大急は阪急百貨店がモデル!べっぴんさん第9週後半あらすじ

Sponsored Link

物語の中で出て来る「大急百貨店」は

現在の阪急百貨店モデルとしていると言われています。

その大急百貨店から取引を持ち込まれたすみれ達でしたが

デパート売れ残り商品は全て廃棄処分になってしまう事を知り、取引を全て白紙に戻して欲しいと言うのですが…

べっぴんさん第9週後半あらすじを紹介します!

第52話あらすじ

べっぴんさんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

闇市から追い出された玉井が商店街で「キアリス」が特集された新聞記事を片手に

「この店確か4人でやっているよな?何で1人記事に載ってないんや?」

4人の事を根掘り葉掘りと嗅ぎまわっています。

tamai

出典:pbs.twimg.com

すみれ達は、大急百貨店との取引を決め

近所の女性達と一緒に商品作りを開始しました。

近所の女性達から保育園の事を教えてもらい、子ども達を体験入園させることにします。

sakuryu

出典:amd.c.yimg.jp

しかし、君枝の義母琴子は孫を保育園へ預ける事に大反対します。

その為、すみれの娘さくらと良子の息子龍一だけで、体験入園します。

寂しそうな顔をする桜に対して、龍一は一気に遊びに加わるのでした。

hoikuenn

出典:pbs.twimg.com
その日、すみれと紀夫は大急百貨店の担当者小山と打ち合わせを行います。

大急百貨店の小山は、すみれが持ってきた見本商品を見て

「キアリスのタグを外し、大急特選マークを付ける」

「作業工程が多すぎる、2,3作業工程を少なくする」

このような条件をキアリスに対して要求してくるのでした。

 

紀夫は、大急特選マークを付けられるなんて光栄な事だと言いますが

すみれは、それでは自分達の商品ではなくなると思いから納得出来ませんでした…。

 

すみれは、3人が待つ店に戻り、打ち合わせの話しをします。
良子、君枝、明美はすみれの納得できないと言った感情に共感するのでした。

nattokuikan

出典:pbs.twimg.com

自分が大切だと思った事を守り抜く

簡単なようで、案外難しい事なのです…。

第53話あらすじ

べっぴんさんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

すみれは、大阪の大急百貨店へ偵察に訪れます。

大急百貨店では、夏のセールが行われています。

そこで、すみれは売れ残った商品の行く末を目にしてしまったのです。

sale

出典:newsimg.music-book.jp

大急のスタッフは、売れ残った商品を

ディスプレイから裏の処分スペースへ持って行っていたのです。

その様子を隠れながら見ていたすみれは、自分達の商品もこうなるのではと悲しくなりました。

偵察に来ていたすみれの姿を、大急百貨店の社長大島が目撃していました。

shobunn

出典:pbs.twimg.com

すみれは、保育園で良子と待ち合わせをしていました。

そして、良子に売り残った商品が処分されている事を話すのです。

 

2人は、保育園へ子供を迎えに行きます。

すると良子の息子龍一が頭に怪我をしていました。

息子の怪我に良子は「誰からされたの?」と驚くと

保育園の先生から「自分で暴れて怪我をしたのです」と説明されます。

そして、龍一は保育園から入園を断られてしまうのでした…。

Sponsored Link

その夜、闇市の根本の部下だった玉井が「あさや靴店」の扉を叩きます。

出て来た明美に、玉井は「相棒にならへんか?」と商売を持ち掛けるのです。

不審に思った明美は「あんた誰や?帰って」と扉を閉めるのです。

その様子を、銭湯帰りのキアリス住込みの武が電柱の陰に隠れながら見ているのでした。
後日、2度目の大急百貨店との打合せがキアリスで行われました。

紀夫、勝二、昭一も加わり、担当者小山が説明を始めます。

  • 商品に大急特選マークを付ける事
  • 商品は大急が全て買い取り
  • 発注した商品だけを納品する仕組み
  • 販売員も大急が準備する事
  • 売上予測も大急でする
  • 作業工程をいくつか省く事

大急からの要求を淡々と説明されていきます。

koyama

出典:pbs.twimg.com

夫3人組は、担当者小山の説明を聞きながら喜びます。

しかし「キアリス」4人の気持ちは同じでした。

  • 自分達の商品をお客様にきちんと説明出来ない。
  • 子どもの為に考え抜いた作業工程を省いてはキアリスの商品ではない。
  • 大急特選マークを付けると、キアリスを知ってもらう事が出来ない。

こんな想いから、すみれは大急百貨店との取引を改めて白紙にして欲しいと担当者小山に伝えるのでした。

第54話あらすじ

べっぴんさんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

すみれ「そんな事をしたら、私達の作るキアリスの物ではなくなります。私達の作った肌着やお洋服がキアリスの物やなくなるなら、この話は全部無かった事にして下さい。無かった事にして下さい」

すみれの言葉に、大急百貨店の小山は激怒して帰ります。

紀夫は、担当者の小山に深く頭を下げて謝罪します。

 

紀夫は、すみれ達に対して「何を考えてるんや!」と怒ります。

ちゃんと考えてから答えを出した方が良かったと言う紀夫に対して

すみれは、考えても変わらないと思ったから言ったのだと答えます。

 

その夜、夫3人組は飲み屋でキアリスの愚痴をこぼします。

「要は、自分等の思う通りに出来るかどうかだけやからな」とキアリスを批判します。

「女はえぇなぁ、お気楽や!」と散々言いたい放題です。

 

そして、勝二が昭一に子育てについて尋ねます。

勝二は、龍一に対して大声で怒鳴ってしまった事を気にしているようです。

昭一は、女房に任せればいいんやないか?と答えます。

紀夫は、いつになくお酒を飲んでいます。

 

その頃、坂東営業部の事務所ではゆりが潔に企画を提案しています。

「大急百貨店で学ぶ大人のための洋裁教室」

ゆりは、坂東営業部の生地を使って洋裁教室を開けば

洋裁教室の生徒は、坂東営業部のお客さんになってくれると考えているようです。

 

潔は、話題性もあるし大急百貨店の集客にも繋がると言って

ゆりの考えた企画に賛成し、坂東営業部が大急特選を貰えるきっかけになると喜びます。

 

その時、事務所に酔いつぶれた紀夫がやって来ます。

そして、すみれ達が大急百貨店との取引を白紙に戻した事を報告します。

 

潔は、紀夫をおんぶしてすみれの家に送り届けます。

そしてゆりがすみれを説得します。

ゆり「すみれの想いも分かる。そやけどそれやったら、大勢の人にすみれ達が作った良い物を届ける事は出来ないよ?」

すみれ「うん…」

潔「飛躍のええ機会やのに…ホンマに断ってええんか?」

すみれ「はい」

潔「そうか…」

紀夫「申し訳ありません。一度はやる言うたのに、潔さんの顔に泥を塗る事になってしまって…」

潔「それはええよぉ。ワシ等の為にやるわけではなし、大島さんにはワシから断っておくわ」

すみれ「迷惑かけてごめんなさい。紀夫さん…立場を分かっているのに、ごめんなさい」

紀夫「もぉえぇ」

settokuyuri

出典:amd.c.yimg.jp

gomen

出典:newsimg.music-book.jp

その頃、あさや靴店の扉を叩く音がし、明美が出ます。

扉を開けると、そこには再び玉井の姿があります。

「具体的な話をしたいんや」という玉井に対して

「困る言うてるやないか」と言って扉を閉めようとすると

玉井は、その隙間に手を入れて扉をこじ開けます…!

te

出典:pbs.twimg.com

玉井の話しだけでも聞く事にした明美です。

お店に移動して、玉井の話しを聞きます。

玉井「ここにある、キアリスの商品と似た物作ろうと思ってるんや。もちろん新しい名前付けてな。質やとか何やとかそんなんややこしい事は抜きにして、ここより安い値段で売るんや!これまでの給金の100はよう稼げるはずや!」

明美「そんな事やるわけないやろう?」

玉井「お母ちゃん、病気で死んだんやろう?あんたは皆と違ごうて、1人なんやで?旦那も居らん、子どもも居らん、家も無い。何かあった時に、助けてくれるのは何や?金やろう?それは明美さんが一番知ってるはずやで?よぉ~考えといて。また来ますわぁ!」

akemikiyo

出典:contents.oricon.co.jp

明美は、一番触れられたくない母親の事を玉井につつかれ、考え込みます。

お茶を出してくれた武に、一緒に話をしようと言う明美。

明美「あんたも苦労して来たんやろう?よう気が付くもんな、人の事よう見とう」

武「苦労ち言えば、苦労なんかなぁ?オヤジが死んでしもうて、一番上の姉ちゃんの旦那さんが家も工場も継ぐことになって、ワシ等は外に出ろち言われたんです」

明美「寂しいなぁ…」

武「寂しくねぇです!ワシには、明美さんやすみれさんや良子さんや君枝さんが居りますけんっ!」

そんな武の言葉に、明美は微笑んで喜ぶのでした。

 

翌日、朝一に大急百貨店の小山が息を切らして坂東営業部を訪ねて来ていました。

紀夫「大島社長が…」

小山「直接、すみれさんにお会いしたいと申しております!」

koya

出典:pbs.twimg.com

紀夫は、キアリスに居るすみれにその事を伝えに行きます。

そして、明日大急百貨店の社長大島に会いに行くからと言います。

「気が進まない」と言うすみれに紀夫は話します。

紀夫「ここまで尽力して下さったんや。えぇ条件も沢山出して下さったんやぞ?きちんと顔つき合わせて話をする事は、礼儀やろう!わがまま言うんやない!」

すみれ「は、はい…」

wagamama

出典:pbs.twimg.com

そして、翌日紀夫とすみれは大急百貨店の社長大島の元を訪れます。

大島「大急百貨店社長の大島です」

すみれ「初めまして。キアリスの坂東すみれです」

この出会いが、すみれ達にもたらす物は…?

daikyu

出典:storage.mantan-web.jp

べっぴんさん第10週前半あらすじはコチラ!

委託販売とは?キアリス阪急出店のすみれの作戦は?

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
読んでくださり、楽しんでくださった方は
FBやツイッターなど「シェア」お願いします。
シェアなどされると、読んでくださっている方がいるんだ!
と、更新を止めないで続ける励みになります!

誰よりも早く受け取るなら「イイネ!」


コメントを残す

とと姉ちゃん投票中

「投票する」をクリックで結果が見れます♪