水田と鞠子の交際がスタート!誰にでも必ず出来るホットケーキレシピ!とと姉ちゃん第107話あらすじ

Sponsored Link

ホットケーキレシピが花山の手にかかれば、誰でも必ずホットケーキが出来るようになります!

花山がホットケーキレシピに付け足した物は一体…?

そして!なかなか進展の無かった、水田と鞠子の関係が急接近し

二人の交際がスタートします!♡しかも、きっかけは鞠子からだったのです!

とと姉ちゃん第107話あらすじを紹介します!

とと姉ちゃんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

水田は、ボールと泡だて器を手に、ホットケーキを作っています

とと パンケーキ水田

出典:storage.mantan-web.jp

水田「あのぉ…やっぱり僕じゃないとだめですか?料理はからっきし…」

花山「いいからぁ!原稿通りに作業を続けなさいっ!」

水田「はいっ!」

花山「次に、泡立てた卵の白身を、牛乳と卵黄の入ったボールに入れ、混ぜ合わせます」

水田「…こ、こうかな?」

水田がボールに白身を移していると鞠子が…

鞠子「あぁ…!そうじゃなくてぇ…!」

花山「口を出さないっ!」

鞠子「はいっ!」

花山「そこに小麦粉と膨らし粉を加えて、固くなるまでかき混ぜます」

花山の言葉を聞いて、水田は小麦粉と膨らし粉を加えますが…

鞠子「うわぁ…」

常子「あぁ…」

花山「かき混ぜて、早く!」

水田「固くなるまで…」

花山「繊細にね、繊細に!」

なぜ花山は、わざわざ男性の水田に、ホットケーキを作らせているのでしょうか…?

水田、皆からダメ出し…

水田は、完成したホットケーキを皆に出します

一同「あぁ…」

水田「いや、だから料理は得意じゃないと…!」

花山「まぁいい、まずは食べて感想を言おう」

美子「じゃあ、私が切ります」

常子「お願いします」

美子は、ホットケーキをナイフとフォークで切りますが…

美子「か、固いですねぇ…」

水田「すみません…」

常子鞠子「あ、生焼けじゃないですか?」

水田「すみません!」

水田は、自分が作ったホットケーキを、皆にとやかく言われて、少し可哀想です…^^;

鞠子、人によって受け取り方が違う

常子達は、ホットケーキを口にします

常子「あぁ…うん…これは…」

美子「お世辞にも美味しいとは…」

水田「いや、僕は言われた通りに作っただけですよ?」

宗吉「だからよぉ、小麦粉は一度に入れちゃダメなんだってぇ!」

水田「いやっ、そんな事言われなかったし!」

宗吉「それに、何だよこりゃあ!カチンカチンじゃないかよぉ!」

水田「えっ、だって固くなるまでかき混ぜるって言うから!」

鞠子は、水田の言葉を聞きながら何かに気付いたようです!

花山「鞠子さん、もう分かったね?」

鞠子「書いてあるものの受け取り方が、人によって違う」

花山「ご名答!固くなるまでと書かれていても、その判断は人によって違う。だが、料理記事を読んで、100人居たら100人が同じように作れなきゃいけないと思わないか?」

常子「そうですねぇ」

書いてあるものの受け取り方が、人によって違う

ご名答!

しかし、美子は花山に…

美子「でもそれは難しいですよね?」

花山「今世の中にある雑誌では、どれも料理の作り方は、文章だけで表現されている。しかしそれでは限界がある。そこで必要となるのが…」

とと レシピ

出典:pbs.twimg.com

花山の言葉を遮るように美子が…

美子「写真ですかっ?!」

鞠子「そうかぁっ!最初と最後の写真があれば、調理の変化が見えますね!」

美子と鞠子の話しを聞いて、花山は笑います

花山「ふふふっ、惜しかったな!写真は2枚では足りない!何枚も使って、調理工程をその都度見せるんだ!粉を混ぜる段階、フライパンに入れる段階、ひっくり返す段階、その都度見せれば、読者は分かりやすいじゃないか!」

一同「はぁ~」

花山「つまり!料理の分解写真だっ!」

宗吉「分解写真!」

水田「なるほどぉ!」

美子「そんな記事、今まで見た事ないですっ!」

鞠子「えぇ!革命的な記事になりそうねぇ!」

花山「よしっ!早速撮影を始めよう!」

一同「はいっ!」

花山には、画期的なアイディアが満ち溢れているようですねぇ!!!^^

花山、カリスマ性が光る!

お店では、撮影が始まります!常子がホットケーキを作り、その様子を花山がカメラで撮影します!

とと パンケーキ

出典:amd.c.yimg.jp

花山「よっし、種入れてっ!」

常子「はいっ!行きますねぇ!」

そしてホットケーキを裏返す時…

花山「いいか?せーのっ!」

常子「ほっ!」

花山「焼き加減を見るから、真ん中を指で押せ」

常子「分かりました、はい、いい具合です!」

花山のカリスマ性に感心していた宗吉は…

美子「宗吉さん、手が止まっていますよ?」

宗吉「ん?あぁ!それにしても何だか凄いなぁ、花山って言う人…!」

美子「そうなんです!」

とと カリスマ性

出典:pbs.twimg.com

誰が見ても、花山の雑誌を作る才能は、秀でているようです!美子も鼻高々です^^

照代、森田屋を守りたい

その頃、照代は小橋家を訪れています

君子「じゃあ、お店で撮影を…?」

照代「そうなの!」

君子「あぁ…それはご迷惑お掛けしてすみません!」

照代「いいのよっ!ウチのも楽しんでやっているようだし!私もお店に居ると、つい考えちゃうから…」

君子「もう一度、宗吉さんと話し合ってみてはいかがですか?」

照代「散々話したんだけど、ウチのは洋食の店を出す。私は、深川でやっていた仕出し屋にしようで譲らないんでねぇ…カタカナで、キッチンモリタって言うお店にしたいらしいんだけど、私はどうしても納得できないのよぉ…」

君子「照代さんの気持ちも分かります…」

照代「やっぱり、亡くなったお母さんに申し訳なくて…でもウチのは、今は洋食が儲かるの一点張りだからぁ…」

宗吉と照代も、大切にしたい事が違うようです…結局は、洋食やと仕出し屋どちらを取るのでしょうか?

森田屋のモデルは浅草に?女将まつ役の女優秋野暢子とは?

綾達、ホットケーキを作る

Sponsored Link

数日後、写真入りの記事は出来上がり、早速試作が行われました!

常子「分からない事があったら、何でも聞いて下さいね!」

艶子「記事と写真で大体わかるから、平気さぁ!」

お弓「本当!とってもわかりやすいわっ!」

梢「かき混ぜた小麦粉の固さって、この位かなぁ?」

綾「あっ、泡立て器を持ち上げてみて下さい!この写真みたいになるまで、粉を足すみたいです!」

梢「じゃあ、もう少し足した方が良さそうだねぇ?」

綾「はい!」

さくら「さぁ!こっちはそろそろ焼きあがるわっ!」

お弓「指で押して、弾力が出てくるまで焼くみたいよ?」

艶子「簡単に出来るもんだねぇ!」

お蝶「本当だねぇ!」

「カフェ浪漫」の女給だった女性達が集まり、写真入りの記事を元に、ホットケーキを焼いています!

常子、嬉しいような寂しいような…

そして、ホットケーキが出来上がり、試食をします!

綾「うん!ふっくらして美味しいです!」

お蝶「うん!!!上手く出来るもんだねぇ!」

一同「美味しいっ!」

そんな様子を見ていた常子達は…

美子「大成功っ!」

常子「うんっ!これで、記事は完成ですね!」

花山「これで、誰が作っても美味しいホットケーキが作れるだろう!まだ不安かね?」

常子「これが、最後のあなたの暮らしになるかもしれませんから…」

とと パンケーキ 食べる

出典:storage.mantan-web.jp

常子は、ホットケーキの記事が完成して嬉しい気持ちと、これが最後になるかもという寂しい気持ちが混ざり合い、複雑な面持ちでした…

とと姉ちゃんの親友中田綾役は誰?阿部純子は慶応大生で前の芸名は吉永淳?

宗吉、キッチン森田屋

その夜、宗吉は照代にホットケーキの記事を見せます!

照代「わぁ~!なるほど!これなら分かりやすいわねぇ!」

宗吉「あぁ!常子達は凄い物を作っていると思うぞっ!」

照代「えぇ!」

宗吉「なぁ?」

照代「はい…?」

宗吉「この店の事なんだがなぁ…あいつ等見ていて気付いたんだ、そもそも親から受け継いで料理作って来たのは、客に美味いもんを届けたかったからだ…上手けりゃ、洋食和食にこだわる必要ねぇと思ってな。両方出そうじゃねぇか?」

照代「両方?」

宗吉「あぁ、和食洋食何でもござれの、キッチン森田屋だ!」

照代「キッチン森田屋?」

宗吉「あぁ、キッチンがカタカタで、漢字で森田屋だ!どうだ?」

照代「いいじゃないっ!」

宗吉「そうか…!」

洋食専門の「キッチンモリタ」では無く、洋食和食の美味しい食べ物を出す「キッチン森田屋」というお店の名前とスタイルで、二人は納得したようです!^^

森田屋夫婦の宗吉役がピエール瀧で照代役が平岩紙?とと姉ちゃんのキャスト

あなたの暮らし第6号、大大大ヒット!

そして、いよいよ発売日!常子の不安をよそに、分解写真による調理写真は、大きな話題となり…

とと 分解写真

出典:pbs.twimg.com

とと ホットケーキ

出典:pbs.twimg.com

常子「失礼しますっ!」

花山「どうぞぉ~」

常子「売れましたっ!売れていますっ!」

水田「昨日で、1万5千部を超えましたっ!この調子だと、次号の製作費も捻出出来る計算になりますっ!」

鞠子「会社が潰れなくて済むんです!」

花山「そうか」

美子「次も続けられるんです!花山さん嬉しくは無いんですか?」

花山「そんな事で一喜一憂してもなぁ…!ま、一先ず次号の構想が無駄にならずに済みそうだから、喜んではおくかぁ…」

花山も、本当は嬉しいくせにぃ!と言った様子で、常子達は笑い合います!

暮らしの手帳の大橋鎭子さんがとと姉ちゃんのモデル?生き方と経歴は?

三枝子、嘘はいけません!

花山家でも、三枝子が娘茜にホットケーキを焼いています

三枝子「はい、どうぞ」

茜「いただきます!美味しい~!」

三枝子「じゃあお母さんも一口、うん!本当に美味しい!」

茜「お父さんありがとう!ホットケーキ考えてくれて!」

花山「あぁ!まぁな!」

三枝子「嘘はいけません!思い付いたのはあなたじゃないでしょ?」

花山「う~ん…常子さんによろしく言っておくよぉ!茜!」

茜「へっ?」

花山は、ホットケーキを食べて喜ぶ、娘の顔を見て本当に幸せそうです!^^

スカートはいて唐沢寿明登場?花山伊佐次のモデルや役柄は?とと姉ちゃん常子と初対面は?

水田、僕なんかに気を遣わないで

その頃、鞠子は緊張した面持ちで誰かを待っています!

水田「お待たせしました」

鞠子「いえ、こちらこそお呼びたてしてしまって…」

水田「おでん屋ですか…?」

鞠子「よっちゃんに教えてもらったんです…」

水田「はぁ…最後の晩餐ですね…?」

鞠子「えっ?」

水田「いいんです…僕なんかに気を遣って頂かなくても…」

鞠子「仰っている事がよく…」

水田「僕と話すことなど、もう無いでしょう?先日交際を迫った事で、二人の関係は壊れてしまいました。それ以来ずっと…」

水田正平が鞠子に告白する!美子が花山の企画を乗っ取る?

鞠子、正式にお受けしたい

水田が、肩をガックリと落として話しをしていると、鞠子がいきなり!

鞠子「先日のその申し出の事ですがっ!!!!!正式にお受けしたいと思って…」

水田「はぁ…ですよねぇ…?ええええええええっ?!それって、お付き合いして頂けると言う事でしょうか?!」

鞠子「何度も言わせないでください!」

水田「だってぇ、もう嫌われてしまったのかと…」

鞠子「お断りした時言いましたよねぇ?今は社内がこんな時ですからって!」

水田「いや、それは建前で、本音は嫌っているのだと…」

鞠子「どこまで悲観的な方なんですかぁ!」

水田「あの告白以来、鞠子さんは僕を避けて…喋らないようになっていきました…」

鞠子「それは…だって…意識してしまって…私器用じゃないんです…」

水田「では、本当に僕と?」

鞠子は、可愛い笑顔で水田を見つめて、頷き水田と鞠子の交際がスタートしました!^^

とと 水田鞠子

出典:pbs.twimg.com

正式にお受けしたい…

水田鞠子♡

出典:www.instagram.com

大きな苦難を乗り越えたあなたの暮らしは、新たな読者の獲得に成功し、主婦の強い味方として受け入れられて行きました!

とと姉ちゃん第108話あらすじはコチラ!

水田のプロポーズが失敗に?鞠子求婚に答えない理由は?

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
読んでくださり、楽しんでくださった方は
FBやツイッターなど「シェア」お願いします。
シェアなどされると、読んでくださっている方がいるんだ!
と、更新を止めないで続ける励みになります!

誰よりも早く受け取るなら「イイネ!」


コメントを残す

とと姉ちゃん投票中

「投票する」をクリックで結果が見れます♪