戦後、昭和時代のカフェーとは?綾が女給になる?!とと姉ちゃん第92話あらすじ

Sponsored Link

常子は、綾にお金を渡そうと綾の職場を訪ねますが

たどり着いた場所は、なんとカフェーだったのです!

はカフェーで、女給として働いていました…

戦後の昭和時代のカフェーとは…?一体どのような場所なのでしょうか?

とと姉ちゃん第92話あらすじを紹介します!

第92話あらすじ

とと姉ちゃんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

綾「少しお金を貸してもらえないかしら…お願いします!」

常子「…。」

綾の事を、常子は少し驚いた様子で、言葉も出ません…

とと 16 綾お金を貸して

出典:storage.mantan-web.jp

常子は君子に相談します

常子「綾さんが少しお金を貸して欲しいと…」

君子「あらぁ…」

常子「余程お困りだと思うんです、何とかして少しでも工面してあげたいと思うのですが…」

君子「あなたが働いて稼いだお金なのよ?好きに使っていいの」

常子「はい…ありがとうございます」

君子も、綾がお金を借りに来たと聞いて、少し驚いている様子でした…

常子、綾を訪ねる

後日、常子はお金と食料を持って、綾の家を訪ねます

常子「こんにちは」

綾母「常子さん!」

常子「ご無沙汰しています」

綾母「お久しぶり…」

常子「あの…綾さんは?」

綾母「ごめんなさいねぇ、今仕事で居ないの…」

常子「お仕事ですかぁ…太一君!大きくなったねぇ!良かったらこれどうぞ!」

太一「おおおお、りんごだなぁ!」

綾母「そんな、悪いわぁ!」

常子「良いんです!大したものじゃありませんから^^良かったら」

綾母「ありがとう!」

すると、綾の母は太一の洋服を見て…

綾母「また穴…昔はこんなに穴が大きくなるまで放っておく事は無かったのよぉ…」

常子「え?」

綾母「綾よ…いくら貧しくても太一の着る物だけには、気を遣う子だったのに…」

常子は、綾の母に尋ねます

常子「綾さんは、どこにお勤めなんですか?」

綾母「あぁ、新橋の浪漫とか言う食堂で、配膳をしていると聞いているわ」

常子「食堂…?」

相変わらず、綾の母は疲れたような暗い顔をしています…

とと姉ちゃんの親友中田綾役は誰?阿部純子は慶応大生で前の芸名は吉永淳?

花山、洋裁学校の広告を見つける

その頃、花山は闇市を歩きながら、知恵の輪をしています

そして以前、闇市に居る女性が言っていた言葉を思い出しています…

戦争で負けて変わっちまった…

身なりへの気遣いもない、自分がどう思われようが、どうでもいいみたいじゃないか!

女である事を捨てちまったのかねぇ…

花山は立ち止まると、壁に貼られている傾いた広告を見て…

花山「あぁ…!きっちりしなさい、きっちり!…よっし!」

そう言って真っすぐ張り直します

そして、その広告を改めて見るとそれは「日の出洋裁学校」の受講生募集の広告でした

スカートはいて唐沢寿明登場?花山伊佐次のモデルや役柄は?とと姉ちゃん常子と初対面は?

水田、鞠子に話が…

鞠子は、事務所に居ると、そこへ水田がやって来ます

水田「こんにちは!」

鞠子「こんにちは!」

水田「あれ?お一人なんですか?」

鞠子「事務所番なんです、姉と美子は作家先生に原稿を取りに伺っていて、花山さんはぁ…よくわかりません」

水田「花山さんと言うのは、先日の…?」

鞠子「あぁ!そうです」

水田「あの時は、すみませんでした…戸惑ってしまい上手く話せず…以前は、もう少し堂々と話せていたんですが…軍隊で、上官にしごかれまして…情けない話ですが、年上の男性と接するのがどうも…」

鞠子「そうだったんですか…それなのに、私達の為に色々とありがとうございました」

水田「いいえ、そういうつもりで言ったのでは…」

そして、鞠子は先日の事を思い出して…

鞠子「あっ、先日何かお話があるって…」

水田「あぁ、えぇ…あのぉ僕をこちらで雇って頂けませんか?今は、闇市で働いていますがいずれ閉鎖されるでしょうから、他の仕事を探していたんです。そしたら皆さんが、新しい雑誌を作ると聞いて!しかも、暮らしを豊かにする雑誌だって…」

鞠子「少しでも、お役に立てれば…くらいですけど」

水田「細かい事は分かりませんが、とてもいいなかぁ!と思えたんです!今、世の中に必要な雑誌だと…お願いできませんか?」

水田は、常子達の雑誌作りに関わる人物となるのでしょうか…?

小橋鞠子役の女優「相楽樹」の出演朝ドラマやプロフィールは?とと姉ちゃんの次女

綾、女給に…?

Sponsored Link

常子は、新橋に行き綾の職場を探します、そして見つけたお店には…

とと カフェー

出典:pbs.twimg.com

常子「ろまん、ろまん…カフェエ…?」

この時代のカフェは、現代とは違い女給の接待を目的とした、社交場でした(現在のホステス)

カフェー浪漫からは派手な着物を着て濃いメイクをした女性が男性と出てきて、ほっぺにキスをして見送っていました

その光景を見た常子は、驚きを隠せません!

常子「ここなわけないか…!」

そう言って常子は、店から立ち去ろうとした時、聞きなれた声がします

綾「今日はありがとうございました。またのお越しをお待ちしております!」

男性客「今日は楽しかったよ!またね!」

綾「また来てくださいねっ!」

梢 雅

出典:www.instagram.com

そして、綾が振り返るとそこには常子の姿が…綾は、気まずそうな顔をしています…

常子、綾にお金を渡す

綾と常子は、店の裏口で話をします

綾「どうなさったの?」

常子「ごめんなさい…お店にお金を届けようと思って…」

綾「…そう。」

常子「あ、あの…」

綾「心配掛けてごめんなさい!だけど、母と太一が生きていく為には、働かなくてはいけないの!」

常子「…。あっ、これ少ないけど、良かったら使って?」

綾「…ありがとう。必ず返します。稼げると思ってお店に入ったんだけど、思いのほかチップも少なくてね…でも、他に仕事も見つからなくて…」

常子 綾にお金貸す

出典:storage.mantan-web.jp

すると、そこにボーイが綾を呼びに来ます

ボーイ「雅さん!雅さぁ~ん!」

綾「はぁ~い!!!」

ボーイ「何やってんの?!お客様お呼びだよっ!」

綾「はい、すぐ行きます!」

ボーイとのやり取りをした後、綾は笑って話をします

綾「ふふっ、笑っちゃうでしょ?お店では雅なの!これ、ありがとう」

常子「うん!」

とと 綾 雅

出典:pbs.twimg.com

綾の前では、明るく振る舞った常子ですが、本心では綾の姿を見て、ショックだったようです…

常子、鞠子は考え事…

常子と鞠子は、事務所に戻っても考え事をしています

常子「はぁ…」

鞠子「はぁ…」

美子「二人ともどうかした?」

常子「ん?何も!」

美子「目玉企画の事でしょ?いい加減花山さんから答えを頂かないと、4月の出版に間に合わないわ!」

常子「そうよねぇ…」

花山、常子を叱る!

そこへ、花山が出社します

花山「おはようございますっ!!!!」

一同「おはようございます」

鞠子「あ!また遊んでらっしゃる!」

花山「遊んでなどいないっ!考えをまとめているんだ!」

美子「知恵の輪でですか?」

花山「明確な答えを導き出せない時に、これをすると思考が整理される」

三姉妹「ふ~ん」

花山「声を合わせるな!理解してもらおうとは思わん!」

常子「と言う事は、雑誌の企画の答えはまだ見つかっていないと言う事ですよね?」

花山「案ずるな!これがほどける頃にはきっと、いいアイデアが…」

そう言っていると、知恵の輪がほどけてしまいます…

常子「浮かびました?」

花山「…それより、頼んであった画材道具は?」

鞠子美子「もぉ~」

常子「あっ!ごめんなさい!すぐに探しに行ってきます!」

花山「おいおい!そんな頼まれ事、子どもでも出来るぞっ!」

常子「すみません!ちょっと考え事をしていて…」

花山「その場しのぎの、言い訳は結構!」

常子「本当なんです!女学生時代の友人が働いていると聞いて行ってみたら、そこが…カフェエで…」

常子の話しを聞いた花山は、興味があるようで…

花山「ほう!」

美子「ゆ、友人って?」

鞠子「ひょっとして、綾さん?」

常子「うん…今お金に困っているみたいで、ちょっと心配になってしまって…」

花山「それでどうだった?」

常子「へ?」

花山「格好だよっ!カフェエに行ったんだろ?女給はどんな服を着ていた?」

常子「会いにはいきましたけど、そんな店内には…」

花山「友達には会ったんだろう?服は自前か?!新品か?!」

常子「いや、私はその子の事で頭が一杯で、服を見る余裕なんて、そんな…!」

すると、花山は立ち上がって、常子を怒鳴ります

花山常子を叱る

出典:storage.mantan-web.jp

花山「なんて君は、愚かなんだっ!!!!!!」

常子「えぇっ?!」

花山「分からんのかっ?!君は絶好の機会を無駄にしたんだぞっ!」

常子「機会?!」

花山「君は社長でもあるが、編集者だ!どこにネタが転がっているか分からない!常に修善するつもりで生きるべきだ!この雑誌を届けたいのは生活に困り、すさんだ生活をしている全ての女性達なんだ!友達がカフェエに居たのなら、取材すべきだろぉ!」

常子「すみません!」

花山「明日にでも、彼女達に話を聞いてきたまえ!」

常子「私がですかっ?!出来れば…花山さんも一緒に…」

花山「私は洋裁学校に取材に行く事になっている!」

常子「えぇ…でもぉ、私一人では…」

花山「暇な編集者が、そこに二人いるだろう!」

鞠子美子「えぇ!」

修善する気持ち(修行する気持ち)で仕事に向かうとと言う言葉は、なかなか出て来ないですよねぇ!さすが花山さんです!

小橋美子役の女優「杉咲花」の出演朝ドラマやプロフィールは?とと姉ちゃんの末っ子

常子達、カフェエ浪漫へ取材に

翌日、小橋三姉妹は綾が働く「カフェエ浪漫」に取材へ行きます

三姉妹はお店の裏口で、ゴミを捨てに来たボーイに睨まれながらも、綾が来るのを待ちます…

 三姉妹 綾のカフェーで待つ

出典:storage.mantan-web.jp

綾「お待たせしてごめんなさいね!」

常子「突然ごめんなさいね!」

綾「ううん、少しでもお役に立てるなら!」

常子「うん!ありがとう」

綾「さぁ、どうぞ」

綾に案内されて、小橋三姉妹は店内に入ります

常子「失礼致します…」

梢「何だい?話って?」

とと 女給 芋

出典:pbs.twimg.com

常子達は、女給達の控室へ入って行くのでした…

まとめ

女給の梢役で登場した、女優佐藤仁美さんは

今後、常子達の雑誌を応援してくれる、力強い助っ人になるようです!

今週の物語では「カフェエ浪漫」の女給達が大活躍しそうですね^^

どのような展開になるのでしょうか…?楽しみです!

暮らしの手帳の大橋鎭子さんがとと姉ちゃんのモデル?生き方と経歴は?

とと姉ちゃん第93話あらすじはコチラ!

モデル森絵梨佳が女給さくら役?セリフが多い理由とは?演技が下手?

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
読んでくださり、楽しんでくださった方は
FBやツイッターなど「シェア」お願いします。
シェアなどされると、読んでくださっている方がいるんだ!
と、更新を止めないで続ける励みになります!

誰よりも早く受け取るなら「イイネ!」


コメントを残す

とと姉ちゃん投票中

「投票する」をクリックで結果が見れます♪