水田と鞠子が結婚?媒酌人とは一体何?誰にしてもらうの?とと姉ちゃん第111話あらすじ

Sponsored Link

鞠子は、平塚らいてうから原稿を受け取り、大きな仕事をやり遂げます!

そして、鞠子の迷っていた心も晴れ、水田のプロポーズを受け結婚が決まります

水田と鞠子は、結婚式の媒酌人花山にお願いしますが、断られてしまいます…

さて、二人は媒酌人を誰にしてもらうのでしょうか…?

とと姉ちゃん第111話あらすじを紹介します!

第111話あらすじ

とと姉ちゃんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

平塚「執筆致しますよ。戦争があった事で私も大きく変わったの。女性の問題も大切だけど、何よりも平和が一番!私もね、考えが変わったの。」

鞠子「考えが、変わった…」

こうして鞠子は、平塚らいてうから執筆の約束を貰う事が出来ました

とと姉ちゃん真野響子さん演じる平塚らいてう登場!あなたの暮らしとの関係は?プロフィール紹介

鞠子、平塚へ執筆依頼成功!

鞠子は、会社に戻り皆に報告します!

鞠子「只今、戻りました!」

一同「お帰りなさい!」

するとそこに東堂チヨの姿が!

東堂「お帰りなさい、鞠子さん」

鞠子「東堂先生!どうしたんですかっ?」

東堂「えぇ、ちょっと…」

常子「鞠ちゃんの事気にしていらして下さったのよ?」

鞠子「すみません、ご心配お掛けして…!」

東堂「聞きましたよ、平塚先生の所へ行ってらしたんですって?」

鞠子「はい!」

常子「どうだった?」

鞠子「原稿執筆して頂ける事になりましたっ!」

水田「本当ですかっ?さすが鞠子さん!」

美子「すごぉ~い!鞠姉ちゃん!」

東堂「良かったわねぇ!!!」

そして、鞠子は平塚らいてうとのやり取りを話します!

鞠子「えぇ!私、平塚先生にもう一度女性に勇気を与えるような、元始女性は太陽であったのような、しなやかで力強い言葉を書いて頂きたくてお願いしたんですが…先生は、それをお断りになったんです。あなたの暮らしにその内容は相応しくないって。明日の暮らしが良くなる知恵を書きたいと。先生は子どもを育てた事や、戦争の経験を通じて、お考えが変わられたんだと仰っていました」

東堂「平塚先生が…」

鞠子「はい、考えは変わる物。それはとても良い事なんだって!私、その言葉に救われたような気がしました!自分の流されているような生き方が、情けないと思っていたんですが、そんな事は無いと言って頂いたような気がして…」

東堂「そう、私もかつて青鞜を読んで大きく影響を受けましたが、確かに時代も状況も変わったわ。あの平塚先生が、明日の暮らしが良くなる知恵をお書きになる事で、ホッとする人も多いんじゃないかしら?あなたのように!」

鞠子「そうですね!」

常子も美子も水田も、鞠子の笑顔と言葉にとても安心した顔でした!

平塚らいちょうの詩の意味と内容は?担任が常子に渡した青鞜という雑誌とは?

鞠子、平塚の原稿を手に!

後日、鞠子は平塚らいてうにから受け取った原稿を手に、会社へ走って帰ります!

鞠子「只今帰りましたっ!」

一同「お帰りなさいっ!」

美子「原稿は…?」

鞠子「お約束通り、頂けたわっ!」

皆が、安心しています!そして鞠子は花山に原稿を渡します!

鞠子「お願いします!」

花山「うん」

鞠子「いかがでしょうか…?」

花山「素晴らしい!胡麻のお汁粉という題材が良い!読者の求めている物を良く理解しておられる!平塚らいてうにこの原稿を書かせた事も素晴らしいじゃないかっ!」

鞠子「あ、でも…お汁粉は先生からのご提案でして、私がお願いした事では…」

花山「ふふっ、そうか。まぁ、君の事だ!女性の権利主張を謳った、女性を勇気付けるような、勇ましい原稿をお願いしたんだろう?」

鞠子「はい…」

花山「だがその考えをすぐに引いて、こうした優しい慈愛に満ちた言葉を引き出し、読者が作ってみたくなるような胡麻汁粉を融合させたのは、君の力だっ!」

平塚らいてうの原稿

平塚らいちょうの詩の意味と内容は?担任が常子に渡した青鞜という雑誌とは?

鞠子、花山に褒められるっ!

そして、花山は立ち上がって笑顔で鞠子に…

花山「よくやった!」

鞠子「ありがとうございますっ!」

花山を始め、一同が鞠子に拍手を送ります!

花山「平塚らいてうの原稿だぞぉおおおおお!!!!!!!」

皆が笑顔で喜んでいる中、水田は暗い顔をしていました…

スカートはいて唐沢寿明登場?花山伊佐次のモデルや役柄は?とと姉ちゃん常子と初対面は?

鞠子、お嫁さんにして下さいっ!

夕方、鞠子と水田は、一緒に外を歩いています

鞠子「久しぶりですね、こうやって歩くの」

水田「えぇ…」

鞠子「すみませんでした、ずっと…」

水田「いえ…」

そして、鞠子は立ち止まって水田に言います

鞠子「水田さん!私を水田さんのお嫁さんにして下さいっ!結婚の申し出、謹んでお受けいたします!」

鞠子は水田に頭を下げてお願いしますが、水田は浮かない顔です…

鞠子「水田さん…?」

とと 鞠子それは違います

出典:pbs.twimg.com

水田「本当にいいんですか?今日、鞠子さんのイキイキとした表情を見て、鞠子さんは働き続ける事が望みなのではないかと…」

鞠子「それは違います!確かにとても嬉しかったです!でもそれは、これでようやく水田さんと一緒になれるという思いからです!水田さん、私太陽のようになれる物をようやく見つけました!それは、水田さんの妻です!」

とと 鞠子 返事

出典:lpt.c.yimg.jp

水田「鞠子さん、僕と結婚して下さい!」

鞠子「はい!不束者ですが、よろしくお願いします!」

とと 結婚して下さい

出典:pbs.twimg.com

こうして、鞠子はようやく水田のプロポーズに返事をする事が出来ました!

小橋鞠子役の女優「相楽樹」の出演朝ドラマやプロフィールは?とと姉ちゃんの次女

水田、小橋家に挨拶へ

Sponsored Link

その夜、水田と鞠子は小橋家に挨拶に来ます!

水田「お母様!常子さん!美子さん!お話が…!」

常子「すみません!」

常子がいきなり水田の言葉を遮り、深呼吸をします

常子「ふぅ~お願いします!」

水田「はい、鞠子さんを僕に下さい!」

君子「あなたが、お返事して頂戴!」

君子は、常子の腕を叩いて、お願いします!

常子達は座布団を端に寄せ、畳に手を付きます

常子「鞠子をよろしくお願い致します!」

君子「よろしくお願い致します!」

美子「よろしくお願い致します!」

水田は、常子達の言葉を聞いて、安心したようで…

水田「こちらこそ、よろしくお願いします!」

美子「鞠姉ちゃん、おめでとう!」

君子「おめでとう!」

常子「おめでとう!」

鞠子「ありがとう、とと姉、かか、よっちゃん!」

こちらこそよろしくお願いします!

すると美子がため息をつきながら…

美子「はぁ~綺麗だろうなぁ!鞠姉ちゃんの文金高島田!いつ挙げるの?」

鞠子「あっ、結婚式か!あ、そうよねぇ?そこまで頭が回らなかった!」

水田「ははっ、僕もです!立派な式にしましょうね!鞠子さん!」

鞠子「はい!」

水田「はい!」

常子「水田さん、鞠ちゃん、私達に出来る事はさせて下さいね?」

鞠子「とと姉、ありがとう!」

小橋美子役の女優「杉咲花」の出演朝ドラマやプロフィールは?とと姉ちゃんの末っ子

すると君子が…

君子「媒酌人はどうするの?」

水田「そぉうだぁ!それも早急に決めないとっ!」

鞠子「媒酌人は、花山さんにお願いしたいと思います!」

一同「あぁ~!」

水田「そうですねぇ!じゃあ明日にでもお願いに行きましょう!」

鞠子「はいっ!ふふふ

水田「はいっ!ふふふ

二人は、何度も見つめて笑い合いとても幸せそうです!^^

とと姉ちゃん小橋君子役女優木村多江の割烹着姿に中年男性が興奮?!

花山、媒酌人断る!

翌日、水田と鞠子は花山に媒酌人をお願いしに行きますが…

花山「断るっ!」

鞠子「そんなぁ!」

水田「どうしてですかっ!?」

花山「他を当たりなさい!」

鞠子「媒酌人は普通、上司にお願いするものだとっ!」

花山「私はそんな柄じゃないっ!」

水田「え、それだけの理由ですかっ?!」

花山「十分な理由じゃないかっ!大体好きじゃないんだ、堅苦しい結婚式だ何だっていうのはっ!」

花山は、二人の話しを聞きながらずーっとやっていた、知恵の輪が外れた事の方にとても喜んでいました…^^;

常子美子、結婚報告に

その頃、常子と美子は「キッチン森田屋」に居ます!

宗吉「おぉ~!遂にかぁあ!」

照代「良かったわねぇ~!鞠子ちゃん!」

常子「あぁ、でも結婚の事本人達は、自分の口から伝えたいと思いますんで、私達から聞いた事は内緒で!」

宗吉「任せとけっ!」

照代「分かったわ!」

常子「お願いしますっ!」

宗吉と照代は、自分の家族のように大喜びしてくれます!さて、二人はちゃんと演技出来るのでしょうか…?^^;

小橋常子役の女優の名前や出演ドラマは?とと姉ちゃんヒロイン「高畑充希」のプロフィールは?

水田鞠子、結婚報告に

そこへ、水田と鞠子がやって来ます!

鞠子「こんにちは~!あぁ!二人とも居たんだっ!」

常子「あぁ、あの取材よ?料理の取材っ!ねっ?宗吉さん!」

宗吉「あぁあぁ、取材、取材なんだ!取材っ!ははははっ!」

照代「鞠子ちゃん達も取材?(棒読み)」

鞠子「あ、いえ!」

そして鞠子は、常子と美子に確認します

鞠子「もう話した?」

常子「いやいや、言うわけないじゃない!ねっ?」

美子「うん、うん、うん!」

高畑充希の母親は高畑淳子?娘も女優だとしたら親子関係の真相は?!

宗吉照代、演技が下手^^;

すると、宗吉が…

宗吉「何の話しかなぁ?ははははっ!(棒読み)」

鞠子「それがぁ…実は」

水田「僕たち結婚する事になりましてっ!」

宗吉「おおおおおお!そうかそうかぁ!」

照代「まぁ、そうなのぉ!ふふふふふふ(棒読み)」

鞠子「それでぇ…その事で折り入ってお願いが…」

宗吉「おおおおおお!そうかそうかぁ!」

照代「まぁ、そうなのぉ!ふふふふふふ(棒読み)」

水田「宗吉さん、照代さん、お二人に媒酌人をお願いしたいんです!」

宗吉「おおおおおお!そうかそうかぁ!」

照代「まぁ、そうなのぉ!ふふふふふふ(棒読み)」

おおお!そうかそうか!まぁ、そうなの!

宗吉と照代の二人は、演技をしなきゃっ!という気持ちで媒酌人の言葉を遅れて理解したようで…

宗吉「媒酌人っ?!!!!!」

照代「私達が…?」

水田「はいっ、いや他に当てがあった…」

水田が花山の事を話そうとすると、鞠子が後ろで水田の腕を強くつねって、水田の言葉を止めます!^^;

水田「あぁっ!あぁっ!あったのですが…お二人しか考えられませんでした…」

鞠子「お願いしますっ!宗吉さん、照代さん!」

宗吉「はい…」

照代「はい…」

水田鞠子「ありがとうございますっ!」

水田をつねる鞠子

水田をつねる鞠子

花山に、媒酌人を頼む事を知っていた、常子と美子二人は小さい声で…

美子「花山さんに断られちゃったのかなぁ…?」

常子「そうかも…」

宗吉は、媒酌人という重要な役を任され、放心状態で椅子に座ります…^^;

森田屋夫婦の宗吉役がピエール瀧で照代役が平岩紙?とと姉ちゃんのキャスト

媒酌人とは…?

結婚式の立会人であり、二人の結婚を列席者に報告する役目を持っています

  • 披露宴で新郎新婦の紹介
  • 式の報告者として祝杯の発声等

仲人とほぼ同義として扱われますが、媒酌人という呼び方は、式当日に特化した呼び方といえます

仲人=媒酌人

⇒最近では司会者や知人、時には新郎新婦本人がその役目を果たすことが多く

実際に媒酌人を立てるケースは、仲人同様1割にもならないようです

仲人・媒酌人はどんな人がなるの…?

新郎新婦をよく知る、目上の方に依頼

  • 職場結婚:職場の上司
  • 同級生同士:恩師
  • 実際はあてはまらないケースも多く…

⇒男性の上司や恩師、親戚などにお願いすることが多い

  • 最近は転職が多いので…

⇒会社の上司を避けて、親しい先輩にお願いすることもあります

年齢が若いから仲人は務まらないということではないので、問題はありません

尊敬できて、結婚後も関係を保てるような人を選びます!

水田と鞠子のやり取りを見ていると、結婚後は完全に鞠子の尻に敷かれそうな予感がプンプンしますね!

さぁ、水田と鞠子二人の結婚に向け、様々な物語が動き出しそうですね!

今週は、水田の父役に俳優筧俊夫さんも登場しますので、楽しみです!^^

とと姉ちゃん水田の父国彦役に俳優筧利夫登場! TVに出なかった理由は?プロフィールと役所

暮らしの手帳の大橋鎭子さんがとと姉ちゃんのモデル?生き方と経歴は?

とと姉ちゃん第112話あらすじはコチラ!

鞠子、水田の両親に挨拶に!水田の父は筧利夫!三姉妹最後の日

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
読んでくださり、楽しんでくださった方は
FBやツイッターなど「シェア」お願いします。
シェアなどされると、読んでくださっている方がいるんだ!
と、更新を止めないで続ける励みになります!

誰よりも早く受け取るなら「イイネ!」


コメントを残す

とと姉ちゃん投票中

「投票する」をクリックで結果が見れます♪