常子と星野気まずい関係に?星野の義父が突然現れた理由は?とと姉ちゃん127話あらすじ

Sponsored Link

常子星野と遭遇してしまい、少し気まずい関係に…

常子と星野は惹かれあっているにもかかわらず

亡くなった奥さんの事があり、なかなか関係を進める事が出来ずに居ます…

そこへ、突然星野の義父が現れます!

亡くなった奥さんの父親が突然現れた理由とは?

とと姉ちゃん第127話のあらすじを紹介します!

第127話あらすじ

とと姉ちゃんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

 

常子「これからも必要であればこうしてまた…」

星野「いえ、それは…お気持ちだけで十分です」

常子「そうですよね…すみません出過ぎたことを…では、失礼します」

常子の申し出は、星野に断られてしまうのでした…

美子「星野さんともう会わないつもり?」

常子「星野さんにはご家庭があるの。大樹君や青葉ちゃんも星野さんの事大好きだし、星野さんも2人の事を大切に思ってる。それにほら、今はウチの子も大変だから!」

美子「ウチの子?」

常子「あなたの暮らしよ!」

常子は美子に強がっていましたが、内心ではとても辛いようです…

常子、主婦をテスターに

昭和30年代、粗悪な商品が多く出回り続けた為、常子と花山は商品試験を始めました

しかし、本格化するにつれ、社員だけで全ての試験を行う事が難しくなっていました…

康恵「私に任せな!私みたいな手伝いを連れてくるよ!子育てに一段落した主婦の友達が結構いてねぇ!」

康恵の申し出により、常子達は一般の主婦をテスターとして雇うことにしました!

常子、自分と康恵を重ねる?

常子と美子は、会社の外で康恵と話をします!

康恵「今時の若い男性は、アイロンもろくに使えないのねぇ…!情けないねぇ〜!あっ、あたし入れて10人ねっ?」

常子「お骨折り頂きありがとうございます!」

美子「ありがとうございます」

康恵「いいんだよぉ!それにあんた等も、アイロン使える主婦の当てなんかないだろう?結婚していないんだから!」

常子「そうですね…」

康恵「あぁ!悪気があって言っているんじゃないんだよぉ?あたいだって、つい最近まで戦争未亡人だったんだから!」

美子「ずっと気になっていたんですけど、どこで知り合った方なんですか?お相手の方って?」

康恵「カフェーの時の客でねぇ、気に入られてさっ!全然好みじゃなかったけど…金は持ってたから!ふふふっ!それにぃ、向こうの連れ子が懐いちゃってさぁ!それがなんだか可愛くてねぇ!」

常子は、康恵と自分の状況が被るのか、少し驚いて聞いていました

常子、主婦の生の声を参考に!

後日、あなたの暮らしでは、アイロンの商品試験が始まり、常子が集まった主婦に商品試験の説明をします!

常子「えぇ今回!皆さんにこちらにある10台のアイロンを使って試験して頂きたいのは、アイロンの使いやすさです!1日50枚のYシャツにアイロンを掛けていただくことになるのですが、その際、こちらの取っ手の持ちやすさ、重さ、細かい部分のシワの伸びやすさなど、どんな点が使いやすく、どんな点が使いずらいのかを…」

康恵が集めてきた主婦の仲間たちは、早速働き始めました!

常子「どうですか?」

康恵「これすぐに熱くなるんだけど、冷めるのも早くてねぇ!」

常子「それだと、頻繁にコードを抜き差ししなければなりませんねぇ…」

康恵「あぁ…こりゃ面倒だねぇ!」

主婦「こっちは、先っぽが全然熱くならなくて、細かいシワが全然伸びないわぁ…!」

主婦「こっちのは、持ち手がすぐに熱くなってやりずらいわ…」

常子「皆さん、気を付けて下さいね!」

本木「いいですねぇ、いいですねぇ!この角度もらいます!普通にしていて下さいね!」

とと 21 康恵

出典:navicon.jp

彼女達の声により、具体的な試験の項目が固まって行きました!

アイロンの商品試験

花山と常子は、アイロンについて話し合います

花山「う〜ん、どこも温度の上昇は早いみたいだ!」

常子「うん…外国製よりも小さく設計されているからですかねぇ?」

花山「うん…」

アイロン試験の方法

社員達は、アイロンを布に同じ時間当てて焦げ目の付き具合を見ています

大塚「ちょっと待って下さい!54321…10分です!」

一同「せーのっ!」

  • 底板全体に均一に熱が行き渡るかを調べる試験や…

花山「よっし、次は設定温度を最高にして30分!」

  • 電源を入れておくと、どれだけ肢が熱くなるかの試験…

美子「ではここから30分見ていきます!どんな小さな変化も見逃さないでください!」

正確な結果を導き出す為に、試験は何度も繰り返し行われます!

常子「どうです?水田さん」

水田「温度試験50回分の試験結果です!20分経つと、半分のアイロンは持っていられなくなります!」

常子「最悪家事にもなりかねない温度ですね…皆さん引き続きおねがいします!」

一同「はい!」

アイロンの商品試験は、連日深夜まで及び、2ヶ月に渡って行われました!

康恵、手伝う事が誇りに

昭和31年9月、アイロンの商品試験も終わりに近づいていました!

常子「皆さん適時休憩を取ってくださいね!」

一同「はい!」

康恵「ボチボチ終わりが近付いてきたねぇ!」

常子「そうですねぇ、でもこんなに長い間お母さんを拘束してしまって、お子さん達が寂しくないか心配で…」

康恵「そんなことないよぉ!ウチに帰ったら飛んできて、今日は何したのぉ?って聞いてきてさぁ!」

常子「あらぁ!」

康恵「勝手にあなたの暮らしを読んだりして、母親が関わっている事が誇らしいみたい!あたしも気分良くなって話しちゃうんだけどねぇ!そしたら、目をキラキラさせて聴き入っちゃってさぁ!」

常子「可愛いですねぇ!」

康恵「まぁねぇ!」

常子と康恵の話を後ろで聞いていた美子は、常子の事が気になるようでした…

花山、常子が頼り

すると、花山が2階から慌てて降りてきます!

花山「あぁ!常子さん!印刷所に文句を言ったら金の話になった!私じゃ分からないから話しを付けてくれないか?」

常子「またですかぁ?はい、至急!」

花山「頼むよっ!」

常子「はいっ!」

この会社は、常子が居なければ回らないですねぇ?

常子、星野家と遭遇

Sponsored Link

その日、常子は料理記事の確認の為にキッチン森田屋を訪れました!

常子「こんにちは!すみません、原稿の…」

青葉「あっ、叔母ちゃま!」

そこには、星野一家がご飯を食べに来ていたのです!

常子は少し気まずそうに星野の顔を見ますが、青葉が常子に抱きついてきます!

とと 21 キッチン森田屋

出典:iwiz-cmspf.c.yimg.jp

青葉「叔母ちゃま〜!」

常子「こんにちは、青葉ちゃん!こんにちは、大樹君!」

大樹「こんにちは!」

星野「たまには、皆んなで外食しようかと…」

常子「そうですかぁ!」

青葉「ねぇ叔母ちゃま、何でもうお家に来てくれないの?」

常子「それは…」

青葉「次はいつ来られるの?クリスマスは?私の誕生日は?」

星野「青葉、常子さんはお忙しいんだから、無理を言ってはいけないよ?」

常子「ごめんねぇ?」

常子と星野の言葉を聞いた宗吉が…

宗吉「なんだよぉ、つれねぇ事言うなよぉ!それかあれかぁ?葉っぱのあんちゃんの所に行けねぇ事情でもあんのかぁ?」

常子「…いえ」

とと 常子気まずい

出典:pbs.twimg.com

常子と星野は宗吉の言葉に気まずそうにしています…

大昭、事情を知っている?

大昭は、美子から2人の事情を聞いているのか、話しを変えます…

大昭「あぁ!大将!常子さんの持ってきた原稿、確認しなくていいんですか?」

宗吉「あぁ!そうだったそうだった!」

常子「お願いします…」

とと 星野気まずい

出典:pbs.twimg.com

2人の関係は、なかなか上手くいきませんねぇ…

康恵、再婚しても忘れない

会社では、アイロン試験が終了し、主婦達が帰ります

康恵「あぁ〜一生分のアイロンがけをした気がするよ!」

常子「すみません!」

康恵「あぁ、いいのよぉ!お陰で最近アイロン掛けるのが上手くなったって旦那に言われてさぁ!前の結婚の時は、アイロンなんてあんまり掛けなかったから…前の死んだ亭主は、そんなの無頓着な人だったからねぇ…再婚したからって、前の人を忘れたわけじゃないのよぉ?今の再婚だって随分と悩んだんだから…ってあんたに言い訳しても仕方ないんだけどねぇ!」

常子「いえ、亡くなったからと言って、忘れられる訳はありませんから!」

康恵「ただ、子供が居るからねぇ!あたしが生きている以上、前向きにさぁ、幸せになろうって思うようにしているんだ!」

常子は、康恵の話に、星野を重ねて話しを聞いていました…

常子、とと姉叔母ちゃんは偉い人!

すると、そこへ鞠子とたまきがやってきます!

たまき「とと姉叔母ちゃん!」

常子「あぁ〜!たまきぃ!」

鞠子「ごめんなさい、近くを通りかかったもんだから!突然でお邪魔だった?」

常子「ううん、全然大丈夫!」

鞠子「康恵さんお久しぶりです!」

康恵「久しぶりだねぇ〜!あんたがたまきちゃんかい?可愛いねぇ!」

するとたまきは、康恵に尋ねます!

たまき「叔母さんはなにしてるのぉ?」

康恵「常子さんに頼まれて、どのアイロンが一番いいか調べているんだよ?」

たまき「とと姉叔母ちゃんにぃ?」

康恵「そうだよぉ!この人はとっても偉いんだから!」

常子「ちょ、そんな事!」

鞠子「そうだよぉ!とと姉叔母ちゃんはとっても偉いんだから!」

常子「鞠ちゃんまで辞めてよぉ!」

すると鞠子は、たまきの目を見て話しをします

鞠子「いいえ、たまきにはちゃんと教えたいの!いい?女の子がやりたい事をやって生きていくというのはとっても大変な事なの!もしもたまきが大きくなってたまきがやりたい事が出来るような世の中になっていたら、それはきっと、とと姉叔母ちゃんみたいな人が頑張ってくれたお陰だと思うの。」

たまき「そっかぁ〜!」

常子「大袈裟よ!」

康恵「いいやっ、私も鞠子ちゃんに一票かな?」

常子「1人でだなんてそんな事!皆んなが居てくれたお陰よ?」

鞠子「私もとと姉が居てくれたから好きな事が出来たの!大学にも行けたし、文章書く仕事も出来た!そういう時期があったからこそ、今こうして結婚して子供を育てて生活していく良さも分かるの」

とと 偉い人!

出典:pbs.twimg.com

常子は鞠子の言葉がとても嬉しく、ますます頑張ろうと思ったようです!

星野、義父が訪ねて来る

星野家では、大樹と青葉と星野の元に、星野の亡くなった妻の父弓岡柳生が訪ねてきます!

星野「お父さん!」

柳生「久しぶりだねぇ、武蔵君」

とと 義父

出典:pbs.twimg.com

青葉はお爺ちゃんの事を覚えていないようで、星野の後ろに隠れています

星野の義父弓岡柳生は、突然何の為に星野家を訪れたのでしょうか?

二人は完全に惹かれ合っているにもかかわらず、なかなか上手くいきません…

星野は前の奥さんに悪いという気持ちから、常子を受け入れる事が出来ないようです

そんな気持ちを変えてくれるのが、亡くなった奥さんのお父さん

星野の義父に弓岡柳生です!

今週は、二人の愛の展開を期待したいですね!^^

とと姉ちゃん第128話あらすじはコチラ!

義父が星野に再婚を勧める?アカバネ電機社長役に古田新太!

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
読んでくださり、楽しんでくださった方は
FBやツイッターなど「シェア」お願いします。
シェアなどされると、読んでくださっている方がいるんだ!
と、更新を止めないで続ける励みになります!

誰よりも早く受け取るなら「イイネ!」


コメントを残す

とと姉ちゃん投票中

「投票する」をクリックで結果が見れます♪