常子カンニング疑惑で再試験?中田綾に勉強を教えてもらえる?とと姉ちゃん第23話あらすじ

Sponsored Link

常子は東京の女学校でいじめにあいます…

終いには、テストのカンニング疑惑をかけられます

叔父鉄郎の一番の人に教えてもらうのが一番!と言われた

常子は再試験の為に、中田綾勉強を教えてもらえないか?

尋ねるのです…どうなるのでしょうか?

とと姉ちゃん第23話あらすじ紹介します!

第23話あらすじ

とと姉ちゃんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

「こんな事あるはずが…」

そんな事を星野武蔵から言われ、常子は顔をジロジロと見られます…

hosinotakezou

出典:asadra.xblg.net

常子は、驚きポカーンとしています…

常子「あのぉ…いったい…」

武蔵「どこかで、お会いしましたか?」

常子「はい?」

武蔵「会った事ありますよね?」

常子「ああ、はあ」

武蔵「ですよねぇ!…でもぉ思い出せないんですよぉ…」

常子「はぁ…」

武蔵「一度会った人は、絶対に忘れない自身があたのに…悔しい!全然思い出せないなんて、生まれて初めてだ!」

常子「あははは…ごめんなさいねぇ…印象の薄い女でぇ」

そう言って、謝る常子に対して武蔵は、向日葵の話をします

武蔵「悪くもないのに、謝らないでください。君は悪くないんだから!堂々としていればいいんです。そう!この向日葵みたいに!向日葵は常に太陽の方を向いている花だと思われますが、そうではありません。太陽を向いているのは、まだ成長途中の物で、花を付けた後は堂々と東を向いて動かなくなる。つまり、自分が悪くないと思う事に対して、卑屈になる事はまるで…あ、僕は何を…」

常子「ふふふふふ!ごめんなさい。何だか、おかしくて!」

武蔵「僕が何か…」

常子「いやいや!ありがとうございます。少し気分が晴れました!」

武蔵のひまわりの話を聞いて悩んでいた常子の気持ちは少し明るくなったのです!

しかし…そのやり取りをクラスのいじめっ子が見ていたのです…

いじめっ子って、何でこんな時に限って、タイミングよく居るのでしょうかねぇ!

武蔵との会話をネタに…

常子は、次の日学校で、武蔵の話を思い出して

堂々と振る舞おうと、笑顔で教室に入ります!

どんな陰口をたたかれようと、自分は悪くないのだから!と

常子「おはよう!」

A「ねぇねぇ、あの子昨日男の人とベタベタしてたのよ!」

B「えっ!ベタベタ?!汚らわしいぃ~!」

A「学生服だったから、恐らく大学生よ」

B「大学生?!汚らわしいぃ~!!!!」

C「男性と密会してたらしいわよ!」

D「不潔~!!!」

異性とは、話しているだけで風紀問題になるこの時代

常子は新たな陰口を叩かれ、試験中にも嫌がらせを受ける事になるのです…

常子がカンニング?!

試験中、消しゴムを落としてしまった常子

消しゴムを取ろうと、机から体を動かした時に

後ろの生徒が常子の机に、クシャクシャの紙を投げます…

机の紙に気付き常子が広げると、それはカンニングペーパーだったのです…

カンニング

出典:dimora.jp

先生「小橋さん?何ですか?それは」

常子「あ…いやあの…」

先生「いいから、見せなさい。」

先生にその紙が渡ります…

先生「どういうことですか?堂々と不正を行うなんてっ!」

常子「違うんです!これは…」

先生「言い逃れは出来ませんよ!あなたは、試験中にこれを覗いていたんです」

常子「どなたですか?私の机にこれを投げたのは?」

先生「座りなさい、小橋さん」

常子「誤解なんです!私はただ、普通に試験を受けていただけなんです」

A「小橋さん、それはずいぶんじゃない?」

B「そうよっ!誰かに罪をなすり着けようとするなんてっ!」

常子「そんな事ありません!」

先生「三人とも座りなさい!」

常子の机に紙が、後ろのクラスメイトから投げられたのを

隣の席で見ていた中田綾は、先生に提案します…

綾「先生!発言してもよろしいでしょうか?」

先生「どうそ、中田さん」

綾「くだらない、言い合いで試験が中断されるのは、時間の無駄だと思います。ここは一つ、再試験を行うというのはどうでしょうか?」

常子「え?」

綾「小橋さんも、不正をしていないのでしたら、試験で証明すればいいでしょ?」

常子「はぁ…」

先生「最もな意見ですね。では、後日再試験を行います」

クラスメイト「えええええぇ…」

綾が先生に提案してくれた事で、再試験行う事となり、常子は難を逃れたのでした

 

放課後、常子は綾を探します

常子「中田さん!」

綾「何か?」

常子「お礼言えてなかったから…」

綾「別にそんなんじゃありませんから」

常子「あっ…いやっえっとぉ」

綾「まだ何か?」

常子「せめて言わせて!今日は、かばってくれてありがとう」

綾「勘違いしないで下さい。それに、こんな事している時間があったら、勉強なさったら?」

常子「確かに…」

常子は、こんな綾をやはり苦手だと思うのでした…

綾は他の子と違い、芯が一本通っている、しっかりした女の子ですね!

中田綾2

出典:pbs.twimg.com

母に元気付けられる!

Sponsored Link

常子は、帰宅しながら

「どうしたもんじゃろのう~」とつぶやきます

家の前では、母がリヤカーを磨いています

常子「あの…何を…」

君子「見ればわかるでしょ?磨いているんです」

常子「それは、分かるんですけど…」

君子「お弁当の仕事は、調子が早くて付いていくのは大変でしょ?もたもたして、皆の邪魔になるといけないから!」

常子「そんなっ!」

君子「いいの!どんな事でも一生懸命やって、だんだんと認められればいいんですから!」

常子「私も、手伝います!!!」

学校の事で落ち込んでいた常子でしたが、前向きな君子の姿を見て再試験を頑張ろうと思うのでした!

祖母滝子が心配する?

別の日、祖母滝子は常子達の部屋をジロジロと観察します

そこへ番頭隈井がやってきて…

隈井「気になりますか?お嬢さんの事!まぁ…こんなに近くに居るんですからねぇ…嫌でも目に入りやすわねぇえ」

滝子「ほんと、うっとうしくてしょうがないよっ!」

隈井「そうですかぃっ?だったらあんな事しやしないと思うんですがねぇ…!」

滝子「あんな事…?」

隈井「へぇ、」

祖母滝子は、小橋一家の為に何かしてあげたのでしょうか…?

青柳商店

出典:contents.oricon.co.jp

叔父が不審者扱い

そんな時、叔父鉄郎が青柳商店へ勝手に上がり込もうとしておさえられます

泥棒じゃない!と必死に説明しようとしますが

滝子に腕を捻じ曲げられ、隈井には警察を呼ばれ

終いには、塩を投げて追い返されるのです!

叔父鉄郎

出典:pbs.twimg.com

常子達が、まだ青柳商店に居ると思って、勝手に上がり込もうとしたのでしょうねぇ…いつも、小橋家に付いてきて厄介になろうとするので…時には、ぎゃふんと絞ってもらえる方が良いですね!

 

再試験の為に、常子は鞠子と歴史の勉強をします

語呂合わせで、年号を覚えようとしますが、なかなか上手くいきません!

そんな常子に、鞠子は呆れて、見放そうとします

そこへ青柳商店で常子達の居場所を隈井に聞いた、叔父鉄郎がやってきます…

常子「で…一体何をしに?」

鉄郎「んな顔すんなよぉ!お前たちが心配で見に来たんだよぉ~」

そんな事を言いながら、森田屋が儲かっているのか尋ねる鉄郎…

融資を受けたいのだ!と言っていますが…また何やら事業を始めるようです!

鉄郎「その道で一番になるには、一番の人間に教えてもらうのが一番なんだよ!」

この言葉を聞いた常子は、ひらめきます!

中田綾に勉強を教えてもらう!

ひらめいた常子は、その足で中田綾の家に行きます

常子「実は…お願いがあってきました」

綾「お願い?」

常子「勉強を教えてもらえませんか?」

綾「はぁ?」

常子「どうしても、一番の人に教えてもらいたいんです!この通り、お願いします!」

綾「お断りします!」

常子「え?」

綾「私が時間を割いて教えると、どんな良い事があって?」

常子「いいこと?特には…」

綾「さようなら」

きっぱりと断られてしまいますが、常子も諦めません!

常子「あ!あああちょっと待って!お願いします!お願いします!」

綾「いい加減にして下さい!」

常子「どうしてもお願いしたいの!」

綾「友達だからとか、調子の良い事言うんですか?」

常子「いやぁ、友達とは言えないけど…むしろ取っつきにくい人だなぁと思っています…でも、中田さんに教えてもらえないと1番になれないし、皆にズルしたって思われたくないから!」

綾「それだけ…?」

常子「うん!」

綾「一番になるって事は、小橋さん。私に勝つつもりなの?」

常子「へ?ああ!そっか!ごめんなさい!あぁ、そういう事かっ!」

綾常子「ふふふふふ、ははは!」

常子「ごめんなさい」

綾「じゃっ!」

またまた、相手にされません…でも常子もまたまた諦めません!

常子「待って待って!気に障った?」

綾「さっきから気に障る事しか言ってないわよ。」

常子「これで最後だから!試験が終わったら中田さんには、話しかけないから!約束します!だから、お願いします!!!!」

綾「いいわっ!」

常子「へ?」

綾「あなた、しつこそうだから。断ってもどうせ、まとわりつきそうだし」

常子「ほんと?へ、ほんと?」

綾「さっきの約束必ず守って頂戴ね!」

こうして、二人の勉強会が始まりました!

まとめ

常子は、カンニング疑惑を掛けられましたが

クラスメイトで、常子の隣の席に座る中田綾が

先生に再試験の提案をしてくれました!

そして、常子は綾に勉強を教えてもらう事になりました!

さあ!常子は再試験で、クラスメイトをぎゃふんと言わせられるのでしょうか?

また、今後中田綾との友情は深まっていくのでしょうか?次回が楽しみですね!

第24話のあらすじはコチラ!

中田綾との勉強会で常子のカンニング疑惑は解けるのか?

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
読んでくださり、楽しんでくださった方は
FBやツイッターなど「シェア」お願いします。
シェアなどされると、読んでくださっている方がいるんだ!
と、更新を止めないで続ける励みになります!

誰よりも早く受け取るなら「イイネ!」


コメントを残す

とと姉ちゃん投票中

「投票する」をクリックで結果が見れます♪