富江が破った制服なおせる?祖母滝子に内緒でミシンを借りる!とと姉ちゃん第26話あらすじ

Sponsored Link

森田屋の一人娘富江が、鞠子の制服を破ってしまいましたね…

事情を知った常子は、君子のミシンを使って制服をなおそうとしますが

ミシンが壊れて使えません…そこで常子は祖母滝子に内緒で

滝子のミシンを借りるのですが…滝子に知られてしまいます…

とと姉ちゃん第26話あらすじを紹介します!

第26話あらすじ

とと姉ちゃんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

富江が破ってしまった鞠子の制服を直そうとした常子

しかし、あいにく小橋家のミシンは故障中…

何かを思いついた常子!走ってどこかへ向かいます!

常子走る

出典:encrypted-tbn3.gstatic.com

着いた先は、青柳商店!

しかし…祖母滝子に分からないように常子と富江は隠れます…

制服を直しに行く

富江「気まずいのね?」

常子「…そう。母の事を思うと、お婆様を勝手に頼るのは気が引けちゃって…」

そして、祖母滝子は清に仕事を任せてどこかへ行きます

清におねがいする!

タイミングを見計らって、常子は清に声を掛けます!

常子「清さんにお願いがあるんですけど…ミシン貸していただけませんか?」

清「え?」

常子「わけあって、すぐに縫物しなくちゃいけなくなっちゃって…」

富江「お願いします!」

清「ああ…いやっ!そういうのは、お母さんに聞いてみないと、私1人じゃ決められないかなぁ…」

常子「出来れば、お婆様には内緒で…」

清「いやぁああ…お母さんに許しをもらわないとぉおおお…」

そう言って、ミシンを貸せないと断る清に対して

常子は、とっておきの方法で清をコロコロします^^

常子「あっ!!!そういえば森田屋の皆さんが言ってたなぁ…青柳の若旦那は有能で、今すぐにでも店を切り盛り出来るなぁ!って…ねっ?」

富江「う、うん!」

その言葉を聞いた清は…

清「そうかい!!!」

当然!引き受けますよねぇ~^^;清の性格は単純と言うか、ここまで来たら面白いですね!

宗吉自慢の娘

森田屋では大将と君子が仕事の合間に

富江の漬けている、ぬか漬けを食べて休憩しています

君子「う~ん!今日も美味しい!」

宗吉「だろぉ?」

君子「評判良いのも、うなずけます!毎日富江さんが、丁寧にぬか床返していますもんね!」

宗吉「あいつは、物心ついた時から母ちゃんに仕込まれてるからなぁ!」

君子「まつさんにぃ?」

宗吉「あぁ!こんな小さい頃から、臭えだなんだのと、嫌な顔せずに毎日さぁ!根っからの森田屋の娘なんだろうなぁ!女学校行きたいなんて、一言も言わなかったからねぇ…」

君子「ああぁ…」

宗吉「小学校出たその日に、家で働くつもりです!だとよぉ!」

君子「あ~ら!ご自慢の娘さんですね!」

こんな会話をしながら、大将宗吉はとても嬉しそうな顔をします!

自分の愛娘が、家業を手伝ってくれるなんてことは、とても嬉しいですよね!

 

実は、清にも暗い闇が…?

その頃、富江は青柳商店の外で常子を待ち

常子は清と一緒に青柳商店へ入り、祖母滝子のミシンを借りています

清「早くしてくれよ!勝手に使っているとお母さんに知られたら…」

常子「そんなに怖いんですか?御婆様の事!」

清「そりゃあ、もう厳しい人だよぉぉぉぉおお!こんだけ大きな店を守って来たんだ!自分の流儀に絶対の自信を持っているからねぇ!自分が正しいと思った事から外れた事をすると、雷落ちるよ、雷…!」てn

清は、祖母滝子に知られる事を恐れて、部屋のカーテンを全て閉めます

そして、清は常子に尋ねます…

清「ねぇ、どうしてここ出ていく事になったんだい?」

常子「あ、清さんも知らないんですね…私も理由は聞かされていません。ただ、お婆様と母が分かり合えなかった。とだけ…」

清「そっか…実の娘でもそうなんだ……」

清は、急に真剣な表情になり考えるのでした…

 

日頃、とても明るく、うるさい清も、何か暗い闇を抱えているように見えました

祖母滝子に知られる!!!!

そこへ!祖母滝子が入ってきます…!

滝子「何をしてんだいっ!」

清「はい…!おおお母さん!違うんですこれは…」

滝子「あんたには聞いてない!常子、あんたに聞いてんだよっ!」

常子「…はい。ご説明します…」

祖母滝子

出典:pbs.twimg.com

祖母滝子は、相当ご立腹です…怒るのも当然ですが、やはり貫禄があって怖いですね…

森田屋のみんな富江を探す

森田屋では、皆が富江の事を探し回ります

青柳商店の方まで、富江を探しに来ていた、鞠子美子を見つけた清が

いつもの「あ~あ~はぁ…」と言う具合に自慢話を始めます…

滝子と君子の共通点

常子はと言うと、祖母滝子に事情を説明して許してもらったようで

ミシンで鞠子の制服を塗っています!その姿を見た祖母滝子は

滝子「いい手つきだぁ!」

常子「母に教わりました!」

滝子「君子に?」

常子「はい!ミシンやお裁縫は小さい頃から。こういう事は自分で出来なくちゃいけない。」

滝子「そう…あの、君子が…」

常子ミシン

出典:nanairo77.up.seesaa.net

祖母滝子が、君子に小さい頃から教えてきた事を、孫たちにしっかりと教えている事に、驚いた様子でした

滝子は、自分と君子に共通点があるのだと実感しているのですね

どうなりたいんだい?

そして、陽も暮れだした頃、制服の修繕も終わり…

常子「出来た!お婆様…黙ってミシンを使おうとして、ごめんなさい。ありがとうございました。」

滝子「コソコソなんてするんじゃないよっ。孫なんだ、堂々と使えばいいじゃないか」

常子「はい」

滝子「君子に気兼ねしたのかい?」

常子「うふふふ…」

滝子「君子はどうしてる?元気にやってるかい?」

常子「はい!」

滝子「お前たちは、元気そうだねぇ!」

常子「えぇ、すこぶる!」

そして、祖母滝子は、真剣な表情で、常子に尋ねます

滝子「常子は、どうなりたいんだい?」

常子「ん…?どうとは?」

滝子「お前の歳になれば分かれてくるだろう?小学校を出て働いている子も居れば、女学校に行って、更に上を目指す子も居る。結婚し家に入る子も居れば、職業夫人になる子も居る。どうなりたいんだい?………この青柳を継いでみたいとは、思わないかい?」

常子「………考えた事も無かったです。どんな仕事に就くのか、自分がどう生きていくのかなんて、考えた事も無かったです…今の私は、ただ妹達を嫁に出し、家族を守る事さえ出来れば…それで!」

滝子「そうかい…」

常子から、商売に興味があると言う返事を期待していたのでしょうか?祖母滝子は少し悲しい顔でした

待ちぼうけ…

Sponsored Link

その間中、富江はずーっと、青柳商店の外で隠れながら常子が出てくるのを待っています

富江 隠れる

出典:news.biglobe.ne.jp

そこへ、やっと常子が青柳商店から出てきます

元通りになった制服を見た富江は、ホッと安心しています

常子「富江さん、制服を着てみた理由、羨ましかったからって言ってたじゃない?」

富江「うん」

常子「富江さん、ひょっとして女学校に…」

そんな話をしている所へ、番頭隈井がやって来て

隈井「おーい!お二人さん!さっき鞠子さんが富江さん探してましたぜぃ。」

富江「えっ?」

隈井「居なくなったって、森田屋が心配してるって…」

富江「ありがとうございます!!!」

常子「待って待って待って!富江さん!どこ行ってた事にする?私が庭先で見つけたって事にしない?」

富江「いや!でもそれじゃあ…」

常子「いいのいいの!鞠子は違う制服で人気者になってたし、制服さえ返って来れば、全然気にしないから!それに、正直に言ったら、宗吉さん富江さんに何するか分かったもんじゃないでしょ?鞠子なら大丈夫だからっ!」

富江「ああ!やっぱりいけない!鞠子さんにも謝りたいし、皆にも謝らないと!」

常子「う~ん…わかったわ!」

富江

出典:im4a.mbga.jp

富江は、あの怖い大将宗吉の激怒する姿を思い浮かべても、ちゃんと謝りたいと言えた所はエライですね!

謝罪…

そして、森田屋に帰宅した常子と富江

居間には、森田屋全員が集合して、みんな頭を下げていて、何だか暗くて重い空気です…

森田屋沈黙

出典:nanairo77.up.n.seesaa.net

常子「あのぉ…実は富江さんからお話が…」

宗吉「制服の事かぁ?」

鞠子「さっき、清さんに自慢されたの…制服縫う為に気前よくミシン貸したって…」

なるほど!清が、富江を青柳商店に呼び入れるのを忘れて、鞠子美子に話した自慢話は、制服の件だったんですねぇ…またまたやってくれますね清!

宗吉「お前がやったのか!お前が制服を盗んだのかっ!」

富江「………はい。ごめんなさい!!!」

宗吉「バカヤロー」

そう言って、激怒した宗吉は、富江に拳を振り上げるのでした…

まとめ

制服は元通りになりましたが、森田屋では大波乱が起こります…

清が鞠子と美子にした、余計な自慢話しのおかげで

富江が自分から皆に謝る事が出来ませんでした…

富江に振り上げられた、宗吉の拳は一体どうなるのでしょうか?

次回の物語まで、ハラハラドキドキですねぇ!

第27話のあらすじはコチラ!

川栄李奈の演技力が自然!制服姿が可愛いと話題!

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
読んでくださり、楽しんでくださった方は
FBやツイッターなど「シェア」お願いします。
シェアなどされると、読んでくださっている方がいるんだ!
と、更新を止めないで続ける励みになります!

誰よりも早く受け取るなら「イイネ!」


コメントを残す

とと姉ちゃん投票中

「投票する」をクリックで結果が見れます♪