星野武蔵の翌檜話で関係深まる?タイピストの試験は合格できるのか?とと姉ちゃん第45話あらすじ

Sponsored Link

高給取りという理由で、職業婦人の花形職業「タイピスト」への就職を決めた常子

タイピストになる為に「タイプライター」を使いこなす技術が必要となります!

しかし、暗記が苦手な常子は、文字配列を覚えるのが遅く、落ち込みます…

まつから、星野武蔵へのお使いを頼まれた常子は、初めて星野の部屋へ行きます

そこで落ち込む常子に星野が翌檜話しをして、元気付けます!二人の関係も深まるようです…♡

果たして、常子はタイピスト試験合格出来るのでしょうか…?

とと姉ちゃん第45話あらすじを紹介します!

第45話あらすじ

とと姉ちゃんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

常子がきちんと仕事を見つける事を条件に、君子は鞠子の大学への進学を許可しました

それから、常子はお給金が良い就職先として「タイピスト」になる為に

和文タイプライターの技術を必死で習得する日々が始まりました…

東堂常子 タイピング練習

出典:navicon.jp

とと姉ちゃんに出演「おのののか」は1組の後藤さん役!常子にタイピストを譲った理由とは?

常子のスキルは大丈夫?

常子は、朝早くに家を出ます!

常子「行ってまいります!」

一同「はーい!いってらっしゃーい!」

常子を送り出した後、宗吉が

宗吉「あれ?学校行くには早くないかい?」

君子「ああ、練習です!タイピストの」

まつ「タイペスト」

富江「タイピスト!」

まつ「それは、お給金良いのかい?」

照代「そりゃあ、職業婦人の花形ですから!」

富江「専門的な技術がいるから、誰でもなれるわけじゃないの!」

まつ「でぇぇ…常子は大丈夫なのかい?」

君子「うふふふふ…汗」

和文タイプライターの使い方と画像は?常子タイプの猛特訓!

君子は、苦笑いをして言葉を濁します…練習は上手くいっていないのでしょうか?

朝から猛特訓!

その頃、常子は担任東堂と一緒に職員室でタイピングの練習に励みます!

常子「とりとりとり取りぃ、ひきひきひき引き、す、る、取引する出来ました!」

東堂「小橋さん…ひょっとして暗記は苦手?」

常子「はいっ!!!」

東堂「はぁ…」

常子「何か、この文字列を覚えるコツってありますか?」

東堂「ありません。とにかく、慣れて下さい!」

常子「う~ん…でも、タイプライターが空いていないと練習が出来ません…」

東堂「そうねぇ…では、この文字の並びを、紙に書き写して覚えたらどうかしら?」

常子「2237文字?」

東堂「当然です!」

常子「分かりました!やってみます!」

担任東堂先生は、常子のタイプの遅さに、若干イライラしています^^;

常子、焦る…

常子は、2237文字を書き写して眺めます

タイピング配列 常子綾

出典:storage.mantan-web.jp

綾「2237文字!これがあれば、いつでもタイプの練習が出来るってわけね!」

常子「うーん…」

綾「どうしたの?元気ないじゃない?」

常子「昨夜やっと完成して、朝まで練習したんだけど…」

綾「朝まで?!」

常子「全然上達しないのっ!!!!!」

綾「試験まであと半年あるわっ!大丈夫!慌てないでっ!」

常子「ありがとう」

常子は、自分の暗記力の悪さに、へこんでいるようです…綾からの励ましもあり、少しは元気になったようです!

三姉妹、それぞれに

家にでの三姉妹は…

  • 常子:タイプライターの文字列を暗記
  • 鞠子:大学進学の為に猛勉強
  • 美子:二人の為に、団扇で風を送る

常子「ごめんね、よっちゃん放っといて…一緒に遊ぼっか?」

鞠子「そうね!気分転換に三人で縄跳びでもしましょうか?」

美子「いいの、私の事は気にしないで!それより二人とも頑張って!」

小学生にしては、物分かりの良い子だなぁ!と感心しますが…

美子は、祖母のスパイとなっていたようです^^

滝子「どうなんだい?常子と鞠子の勉強の方は?」

美子「この調子なら、二人とも大丈夫だと思います!」

常子と鞠子の様子を、毎日のように祖母滝子に報告しては、美味しいおやつをもらっているのでした!要領良い美子です!^^;

祖母滝子が、美子の筆入れを手に取って

滝子「随分年季の入った、筆入れだねぇ!」

美子「お姉ちゃん達のお古だから!」

滝子「そうなのかい?」

美子「洋服でもなんでも、私のは全部お古!破れてもかかが、いっつも直してくれるから!新しいものなんて、一つもないの!」

そんな話を聞いた滝子が、美子の為に筆入れに、可愛い装飾を作ってくれるのでした!

美子江絵の才能

出典:pbs.twimg.com

そして、美子の絵の才能が凄いのです!

綾、結婚決まっていた?!

Sponsored Link

翌日、常子と綾は女学校で話します

常子「ふわぁあ~!(あくび)」

綾「ちゃんと寝てるの?あなたの事だから、どうせ徹夜で…」

常子「12月までの勝負だもん…入社試験までは、無理してでも」

そんな話をしていると、クラスメイトが結婚の話しをしています

クラス1「あのお見合い、上手くいったのね!」

クラス2「結婚が決まって、慌ただしくて大変!」

クラス1「あ~!おめでとう!よかったじゃない!」

そんな話を聞いた常子は

常子「結婚かぁ~どんな気持ちなんだろ?」

綾「特に何も変わらないわ!」

常子「ふふふっ!今のはおかしいわ!まるで結婚する人の気持ちを知っているみたい!」

すると綾が…

綾「だって、知ってるもの」

常子「えっ?どういう事?」

綾「実は、私も結婚が決まったの。」

常子「ええええええ!聞いてないけど?」

綾「だって言ってないもの。特に聞かれなかったから。」

聞かれないと、言わない。綾らしいですねぇ…^^;

常子「いや、えっ?聞かないでしょ、普通。ねぇ、結婚なさる?いやいやいや、聞かない聞かない!」

綾「でもいいじゃない、今こうして言ったんだから!」

常子「ええ…でも、お相手はどんな方なの?」

綾「医大生って事以外は、何も。親が決めた結婚だから。」

常子「お会いするのが楽しみね!」

綾「う~ん…少し怖い…」

常子「怖い?」

綾「だって、顔も知らない人に人生を委ねるって事でしょ?それって何だか…」

昔は、親が決めた結婚相手と結婚をするのが、ほとんどでした。話しをした事もない、顔を見た事もない。そんな相手と結婚式で初対面する事も、よくあったようです!綾の不安を感じた常子は、綾を心配そうに見つめていました…

とと姉ちゃんの親友中田綾役は誰?阿部純子は慶応大生で前の芸名は吉永淳?

星野と練習する!

その夜、常子は武蔵に付き合ってもらいながら、タイプの文字配列を覚える為に、遅くまで頑張ります!

武蔵「おっ!そこまで、96秒です!一昨日と比較して、2.4倍の速さに進歩していますねっ!」

常子「あーでも、東堂先生には今の速度の倍じゃないといけないって…」

武蔵「そうですかぁ…じゃあ、練習頑張りましょう!」

常子「はいっ!」

二人の為に夜食を持ってきた君子は、常子の頑張る姿を見て頑張れ!と言っているかのように微笑みます^^

星野の家にお使い?!

次の日、常子はとても疲れている様子で、学校から帰ってきます

玄関に入ると、まつがお重を片手に持って来て

まつ「ああ~常子ぉぉ!おつかい頼まれてくれないかい?」

常子「あぁ…」

まつ「手違いでお重のお弁当余っちまってぇ、葉っぱのあんちゃんに食わせてやろうと思って!」

常子「星野さんに?」

まつ「はい、んじゃ頼んだよ!」

常子「は、はい。」

武蔵も、森田屋の家族みたいになってきましたねぇ!本当に森田屋の人々は、良い人ばかりです!

下宿先のおばさんも驚き!

常子は、お重を持って、住所を頼りに武蔵の家を訪ねます

常子「すみません…こちらに星野武蔵さんって居られます?」

おばさん「驚いたぁ!葉っぱの学生さんにも、女友達ってもんが居たんだねぇ!部屋に居ますよ!どうぞっ!」

常子「あ、はい。ありがとうございます!」

武蔵に女性の影が無いのは、みんな予想が出来ますね!植物が恋人ですからっ^^;

常子は、武蔵の部屋の前で、声を掛けますが、中からは何の返答もありません…

常子「すみません!常子です!まつさんのお使いで来ました!…星野さぁん?星野さん大丈夫ですか?開けますよ…?」

常子、星野に引く…

すると、そこには目と耳を塞いだ状態で、花を嗅いでいる武蔵の姿が!!!!

耳と目を塞いで花をかぐ武蔵

武蔵の姿を見て、驚く常子…と言うより引いてしまってます

何度声を掛けても、反応が無いので、常子は武蔵の体をトントンします!

武蔵「うわぁっ!うわぁ!常子さんかぁ…」

常子「ええええええぇええ…」

武蔵「植物の香りを調べていたんです!視覚と聴覚に左右されないよう、目と耳を覆い…」

常子「あぁ…」

部屋に二人きりなので、武蔵は気を使って、部屋の扉を開けます

武蔵「幼齢の女性と二人きりですから…誤解を招かぬよう、念のため…」

常子「ああ…すみません」

武蔵「その後、タイプライターの練習はいかがです?」

常子「紙を使った練習で、一応順調に…」

武蔵「あぁ、それはよかったぁ!」

常子「はい…」

浮かない顔をする常子に、武蔵がもう一度訪ねます

常子武蔵に励まされる

出典:navicon.jp

武蔵「順調なんですよね…?」

常子「あぁ…練習は…でも、不安でいっぱいです。」

武蔵「不安?」

常子「いくら必死で練習しても、今まで長い間特訓してきた人に勝てるのかどうか…不採用になったら、他に働く所が見つかるかもわかりませんし…仕事が決まらなければ、妹を大学へ行かせてあげられない…星野さんが羨ましいです…植物の研究と言うしっかりとした目標があって…」

武蔵「実は…先日、実家にいる弟が兵隊に行きました。」

常子「それは…おめでとうございます…」

武蔵「ありがとうございます。本当は、大学院に進学してまだまだ研究をしたい所ですが…こうなった今就職して、弟の代わりに親を支えるべきではないかとも考えたり…卒業後の進路を決められないでいるのが、現状です…ああ!すみません!僕の話しにすり替わってしまって…!」

常子「いえいえいえ…!」

翌檜の木

武蔵は、常子の話しを聞いて…

翌檜

出典:pbs.twimg.com

武蔵「常子さんの話しを聞いて、あすなろを思い出しました」

常子「あすなろ?」

武蔵「はい。檜に似ている樹木です!明日は檜になろう。そう願っているのになれないので、翌日の「翌」に「檜」と書いて「あすなろ」と呼ばれるようになったという説があります」

常子「へぇ~でも、なんだか可哀想…」

武蔵「そんな事はありませんよ?翌檜は翌檜で、立派な樹木で僕も大好きです!だから、常子さんも他と比べて自分を卑下する必要はないんです!翌檜として、ちゃんと育てば、檜にだって負けない立派な樹木になる!」

常子「そうですねっ」

武蔵「常子さんなら必ず、タイピストになれます!」

常子「はい!ありがとうございます!」

常子は、武蔵が話してくれた「翌檜(あすなろ)」の話しで、元気付けられるのでした!

翌檜は、第17話のあらすじでも出てきた、樹木ですね!

青森の檜葉と木曽の桧の違いと値段は?青柳滝子の想いとは?

撮影の小休憩

出典:www.instagram.com

いよいよ、試験当日

昭和十一年 十二月

12月になり、いよいよ就職試験の日がやって来ました

常子はとと竹蔵の仏壇に手を合わせます

常子「とと、行ってきます!」

そして、玄関先で君子鞠子美子に挨拶します

常子「それでは、行ってきます!」

君子「車にひかれないようにねっ!」

鞠子「道に迷わないようにねっ!」

美子「指、つらないようにねっ!」

就職試験の朝

出典:storage.mantan-web.jp

常子は、タイプの文字配列を練習しながら、就職試験へ挑むのでした…

まとめ

半年が一気に過ぎて、常子の就職試験の日がやって来ました!

周りの人の支えと協力で、常子は「タイピスト」になる為に猛特訓を積んできました!

就職試験では、猛特訓の成果が発揮できるのでしょうか?

そして、第8週目も折り返しに来ました!

常子の女学校時代もあと少しで終わりを告げます!

それと同時に、来週9週目からは、末っ子で三女の美子も子役から「杉咲花」さんへとバトンタッチです!

常子の制服姿と、三女幼少期役の「根岸姫奈」ちゃんを目に焼き付けておきましょう!^^

小橋美子役の女優「杉咲花」の出演朝ドラマやプロフィールは?とと姉ちゃんの末っ子

小橋美子の幼少期を演じる川上凛子と根岸姫奈の子役プロフィールは?

第46話あらすじはコチラ!

鳥巣商事のモデルは存在するの?常子の採用理由は?

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
読んでくださり、楽しんでくださった方は
FBやツイッターなど「シェア」お願いします。
シェアなどされると、読んでくださっている方がいるんだ!
と、更新を止めないで続ける励みになります!

誰よりも早く受け取るなら「イイネ!」


コメントを残す

とと姉ちゃん投票中

「投票する」をクリックで結果が見れます♪