青木さやか出演であさイチメンバー興奮?不倫問題に言及?とと姉ちゃん第56話あらすじ

Sponsored Link

美子は家族で行く、月に一度のお出掛けよりも

祖母滝子に頼まれたお仕着せを縫う作業を選んでしまいました…

それから、常子と美子は長い間気まずい雰囲気になってしまいます

また常子は、新年早々職場の先輩タイピスト諸橋のトラブルに遭遇します

諸橋が不倫をした男性社員の、奥さんが会社に乗り込んでくるのです!

その奥さん役がお笑い芸人の青木さやかさんなのです!

あさイチメンバーの、青木さやかさんの出演に興奮したのでしょうか…?

有働アナから、今話題の不倫問題に言及するようなコメントも飛び出しました^^;

とと姉ちゃん第56話あらすじを紹介します!

第56話あらすじ

とと姉ちゃんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

家訓である、月に一度のお出掛けの日約束の時間になっても、鞠子と美子は姿を現しませんでした…。

小雨交じりの冷たい風が吹く中、常子と君子はお寺で二人を待ちながら話します

君子「櫛?」

常子「えぇ、よっちゃんが歯の欠けたお古の櫛を使っていて…髪下りが悪そうなので新しいのを買ってあげようかなと思って!あっ!あと鞠ちゃんが使っている万年筆も、ペン先が歪んでて使いづらそうだから、買ってあげようって!」

常子は、自分の物や自分の事にはお金を使わず、いつも妹達の為にお金や時間を使っているように見えますね…

鞠子、30分遅刻

そこへ、鞠子が集合時間14時から30分遅れて集合場所にやって来ます!

鞠子「とと姉!かか!ごめんごめんごめん!」

常子「鞠ちゃん遅い~!」

鞠子「よっちゃんは?」

君子「まだなのよ…お勉強会長引いているのかしら?」

鞠子「ねぇ、どこか風の当たらない所に行かない?」

常子「でもぉ…ここで待ち合わせしたから…」

鞠子「風邪引いちゃうよぉ~」

常子「だけど、はぐれたらよっちゃん可哀想だし…」

美子が来ない

出典:navicon.jp

常子は、美子がはぐれたらいけないので、寒いけれどお寺で待つ事にします

美子、お仕着せを仕上げる

その頃、美子は青柳商店で小僧さん達の為に「お仕着せ」を縫っています

時計は15時を指していますが、美子は時間を気にせず、縫物に集中しています…

そしてやっと、小僧さん達の「お仕着せ」が出来上がるのですが…

美子 小僧

出典:pbs.twimg.com

小僧達「ありがとうございます!こんな上等なもんこさいてもらって…!国の親もきっと喜びます!」

隈井「当たり前だっ!お前!お前等あれだぞっ!粗相して、汚したり破ったりするんじゃねぇぞ!」

小僧達「へいっ!」

滝子「美子、ありがとうね!恩に着るよ!」

美子「いいえ!それじゃ、失礼します!」

小僧達に出来上がった着物を着せてから、美子は足早に青柳商店を後にします…その頃には、陽が落ちてしまいました…

常子、稼いでるよな?

森田屋では、まつが帳簿を記録しながら呟きます…

まつ「はぁ…しっかし、今年の売り上げはひっどいもんだねぇ…」

照代「おせちの注文も、例年の半分でしたもんねぇ…」

宗吉「だいたいよぉ、白米が買えなくなって弁当屋がやっていけるかってんだよ!玄米でかさましなんて…」

まつ「文句言ったって、仕方ないだろ!しばらくは踏ん張るしかないよ!贅沢は禁止!分かってんのかい?」

宗吉「わかったよ…」

長谷川「常子達今頃、美術展で楽しんでんだろうなぁ…」

富江「美味しい御馳走も食べるんだろうなぁ…」

宗吉「話しには聞いていたけどよぉ、タイピストっていうのは、身売りがいいんだなぁ!下手したら今のウチより稼いでいるんじゃないか?」

常子の給料を、森田屋のみんなが想像していると…

美子がどこにも居ない…?!

そこへ、常子達が帰ってきます

常子「ただいま帰りました!」

長谷川「あれっ?」

まつ「帰って来た?お帰り!早かったねぇ!」

今頃、美味しそうなご飯を食べていると想像していた森田屋の面々は驚きます

常子「美子帰っていませんか?」

照代「一緒じゃなかったの?」

常子「来なかったんです!」

一同「ええええ!」

常子「私達ずっと待っていたんですけど、いつまでたっても現れなくて…」

鞠子「お友達の家での勉強会だって言ってたから、行ってみたんですけど…」

長谷川「居なかったっていうのかっ?」

鞠子「そもそも、勉強会なんかやっていないって…!」

一同「えええええ!」

常子「それで、こっちに戻ってきているんじゃないかと思って、帰って来たんですけど…あぁ…どこ行っちゃったんだろう!あたし、もう一度探してきます!」

すると、森田屋の面々も…

宗吉「よしっ!俺たちも探そう!」

一同「ああ!そうだねっ!」

常子、美子大喧嘩!

皆が外に出た時、美子が走って家に帰ってきます…

常子「美子!」

美子「帰っていたのね…お寺も百貨店も行ったら居なかったから…」

君子「あなたを探しに帰って来たのよっ!どこに行ってたの?」

鞠子「勉強会、嘘なんでしょ?」

美子「ごめんなさい…お婆様の所で小僧さん達のお仕着せ縫っていました…」

常子「どうして嘘付いたの…?」

美子「言ったらとと姉ちゃん、行くなって言うと思ったから…いつも勉強しろって!」

常子「だからって、私達ずっと待っていたのよ?!」

美子「ごめんなさい!だけど終わらなかったんだもん…お駄賃頂くんだからちゃんとやらなきゃって…」

常子は、美子が言ったお駄賃と言う言葉に…

常子「お駄賃の為に、家訓破ったの?そんなにお駄賃が欲しいの?!おやつ買うとか無駄使いしかしないのに!」

美子「もういい!」

常子「良くない、待ちなさい!家訓破っといて、良いわけないでしょ?」

美子「そんなに家訓って大事なの?!どうしても守らなきゃいけない事?」

常子「当たり前でしょ?」

美子「どうしてっ?!!!他の家に家訓なんてないわ!ウチだけおかしいわよっ!!!家訓なんて辞めればいいのにっ!」

常子「何言っているの?!家訓はととがずっと大切にしてきた事なのよ?私ととと約束したもの!ととの代わりに二人を守るって!だから…」

美子「約束したのは、とと姉ちゃんでしょ!!!!私は約束なんかしてないもんっ!私小さかったから、ととの事もう思い出せないの!だから、ととがって言われてもはっきり言ってピンと来ない!それにもしととが生きていたとしても、今でも家訓を続けていると思う?あの頃と家の状況も違うし、私ももう子供じゃないんだからっ!」

常子「いい加減にしなさいっ!家訓を辞めるなんて、絶対に認めませんからね!」

常子 切れる

出典:pbs.twimg.com

ヒートアップした二人にまつが歩み寄り

まつ「まぁまぁ、常子。美子が無事だったんだから、いいじゃないの…」

照代「さ、寒いから中に入って!」

常子は、家のベランダに出て怒りを収めようとします…

常子、怒り心頭

そこへ君子が来て

君子「常子…怖い顔して…」

常子「美子はずっと思っていたのでしょうか…?ととの事あんな風に…」

君子「仕方ないわよ…ととが亡くなった時、美子はまだ5歳だったもの…」

常子「それでも、許せないんです!自分勝手に家族を振り回して、家訓なんて要らないなんて!」

常子の怒りは収まりません…常子は何より、ととの事を美子に理解してもらえなかった事が悲しかったようです!

鞠子が、二人の修復を…

階段では、鞠子が美子の話しを聞きます

鞠子「何であんな事を!」

美子「だって…」

鞠子「よっちゃんの気持ちも分かるけど、そもそも嘘を付いたのが悪いんでしょ?あんな言い方をして…私も悲しかったわ…あれじゃ、とと姉が怒るのも無理ないわよ…!少し言い過ぎなんじゃない?」

美子「だって!本当の事だもん!」

鞠子「…。」

美子 鞠子

出典:pbs.twimg.com

美子も、常子から日頃チクチク言われて来た小言の不満が、一気に爆発してしまったのかもしれませんねぇ…^^;

森田屋でお正月

昭和15年正月

宗吉「あけましておめでとうございます」

一同「おめでとうございます!」

君子「本年も、よろしくお願いします!」

一同「よろしくお願いします!」

宗吉「今年も、よろしくなっ!よしっ、じゃあ頂きます!」

森田屋で、豪華なおせち料理を皆で食べます!

森田屋 おせち

出典:www.instagram.com

年が明けても、常子と美子の間には溝が出来たままでした…二人とも口をきくことも、目を合わせる事もありません…

常子、星野に元気と笑顔をもらう

常子は、いつもの甘味処で星野と会い、美子の話しを相談します

常子 星野 甘味処

出典:navicon.jp

星野「そうですかぁ…美子さんがそんな事を…」

常子「悲しかったです…父が大切にしていた家訓なのに、あんな言い方…あっ!すみません!新年早々お国から戻られたばかりで、こんな愚痴ばかり聞きたくないですよね…」

星野「いえ…そんな事は!僕を作物だと思って下さい!」

常子「作物?」

星野「ええ!肥料をやるつもりで、どんどん言いたい事を仰ってください!」

常子「うふふふふっ!」

星野「あっ…何か変な事言いました?」

常子「言いました!僕を作物だと思ってくれだなんて、真面目に!おかしくって!」

星野 常子

出典:pbs.twimg.com

星野は、常子を笑顔にする力がありますね!^^しかし、今回も星野は常子に想いを告げられませんでした…!

美子、家訓を見て考える

美子は、編み物をしながら部屋の壁に掛けてある「家訓」を見つめて考えます…

小橋家 家訓

出典:asadra.xblg.net

常子、やっぱり星野に恋してる?

常子は、職場の先輩タイピスト多田かをるに美子との事情を話します

多田「じゃあ、妹さんとはずっと口を聞いていないの?」

常子「はい…あの子も意地っ張りで」

多田「はぁ…」

常子「でも昨日星野さんとお話したら、すっきりしました!不思議なんですよねぇ!あの方とお話ししていると悩んでいる事がどうでも良くなってきてしまって…妹ともう一度話してみようかなぁ~?って」

多田「やっぱり!小橋さんの恋のお相手は、日曜日の殿方なのねっ!」

常子「違いますっ!星野さんとはそういう関係ではっ!」

多田「ふふふふ!」

そんな事を、常子と多田が会社の廊下で話していると…

奥寺の妻「あのぉ!お尋ねしたいんですが…」

常子多田「はいっ!」

奥寺の妻「タイピストがいらっしゃる、浄書室はどちらかしら?」

常子「あっ、え~この角を曲がって二つ目のお部屋です!」

奥寺の妻「どうもっ。」

その女性は、怖い顔をして浄書室へ向かって行きます…

浄書室の場所を教える常子

怖い顔で立ち去る青木さやか

Sponsored Link

奥寺の妻、大暴れ!

そして、その女性は浄書室へ入り…

浄書室の前に到着…

早乙女「何か御用でしょうか?」

奥寺の妻「諸橋道子さんって方は、どなた?」

諸橋「私ですが…」

奥寺の妻「この泥棒猫ぉぉお!泥棒猫!あなた□●%▽&★〇$□*#!!!!!!」

早乙女が対応する

そう言って、その女性は諸橋の髪の毛を掴み、浄書室内を引っ張りまわします…

早乙女「奥様!落ち着いてください!ここは厳粛な仕事場ですっ!」

青木「人の亭主を寝取るのが、厳粛な仕事場でやる事なのぉぉお?!!!!私は営業課の奥寺の妻です!この女があたしの亭主寝取ったのよっ!!!タイピストか何だか分からない…離しなさいっ!!!いやぁぁあああ!!!!離してよぉ!いやぁぁぁあああ!!!!!!」

暴れる青木さやか

いやぁぁあああ~!!!!

奥寺の妻役の青木さやかさん…書類や資料をばらまいて、派手に暴れまわるのでした…

あさイチメンバー

NHK連続テレビ小説が終わってすぐ後にあさイチという情報番組が始まります!

あさイチに出演しているメンバーは、スタジオで朝ドラを見ているので番組がスタートすると

その日の朝ドラの感想やコメントを一、二言言うのですが…!

青木さやか

出典:asadra.xblg.net

あさイチメンバーでもある、青木さやかさんが出演した事で、有働アナも興奮したんでしょうか…?

今話題の「不倫問題」を引っ張り出してきましたねぇ…^^;

有働アナ「女の人の方に責任を押し付けるのって…。男性のほうに まず記者会見開いて欲しいかなって気もしましたけど、どうでしょうか 大竹さん?

有働アナ、不倫騒動に触れる!

イノッチの顔…男性陣の顔…^^;

大竹「青木は芝居してないね、アレ。地だね アレは。」

有働アナの問いに答える大竹!

大竹さんも、上手く話題をそらしました!しかし、青木さやかさんの演技はかなりの迫力でしたねっ!

タイピスト達、諸橋の噂話

諸橋は、山岸課長の部屋に呼び出されます

浄書室では、散らばった資料や書類をタイピスト達が集めながら、諸橋の話しをします

タイピスト「怪しいと思ったのよねぇ、諸橋さんと奥寺さん!」

タイピスト「私もっ!前に一度給湯室で仲良さそうに話していたの、見た事あるもん~!」

タイピスト「そう言えば、安藤さんとも仲良さそうにしてたわっ!」

タイピスト「まぁ…諸橋さんならあり得そうだわぁ」

タイピスト達が、諸橋の噂話をしていると、早乙女は…

早乙女「仕事中です。口ではなく手を動かしなさい!」

タイピスト達「はい…」

諸橋、解雇…

そこへ、諸橋が浄書しに戻ってきます

早乙女「諸橋さん…課長は何と?」

諸橋「今日付けで退社する事になりました…長い間お世話になりました…」

常子「本当にそれでいいんですか?今日付けで退社だなんて、そんな急に!私が課長に…」

早乙女「あなたもクビになるつもり?私達の代わりはいくらでもいるの。会社は、私達をクビにする事なんて、何とも思っていないのよ!」

常子は、早乙女の言葉を聞いて、何も出来ませんでした…

まとめ

女性は、会社にとって居ても居なくても同じだという意味なのでしょうか?

早乙女の「私達の代わりはいくらでもいる」という言葉は、とても芯を付いていました

さすがの常子も、今回ばかりは早乙女の言葉を聞き、諸橋の為に何も出来ませんでした…

そして、美子との関係も修復出来ないまま、時が流れてしまっています

第56話は、青木さやかさんの演技が迫力あり過ぎて、あさイチメンバーもヒートアップでしたね!

果たして、常子と美子の溝は修復されるのでしょうか…?

とと姉ちゃん第57話あらすじはコチラ!

常子一生独身?星野プロポーズの言葉は?洋裁店店主が声優緒方賢一!

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
読んでくださり、楽しんでくださった方は
FBやツイッターなど「シェア」お願いします。
シェアなどされると、読んでくださっている方がいるんだ!
と、更新を止めないで続ける励みになります!

誰よりも早く受け取るなら「イイネ!」


コメントを残す

とと姉ちゃん投票中

「投票する」をクリックで結果が見れます♪