花山伊佐次の職業はイラストレーター?採用された常子の企画とは?とと姉ちゃん第68話あらすじ

Sponsored Link

常子は隈井の「人を笑わせる事が好き」という言葉がきっかけとなり

人を笑顔にする企画を提案し、見事用されます!

そして、その企画の挿絵を花山伊佐次という人物に頼む事に…!

一体花山伊佐次とは何者なのでしょうか…?職業イラストレーター

とと姉ちゃん第68話あらすじを紹介します!

第68話あらすじ

とと姉ちゃんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

滝子は、再生不良性貧血の影響で相変わらず寝込みがちな日々を送っています…

滝子が寝込んでいる姿を見て、心配する君子でした

長期化する戦争に、深川全体も重苦しい空気に包まれていました…

暗い雰囲気の世の中

夕飯時も、青柳家の食卓は、静まり帰っています…

滝子「ごちそうさん…」

君子「もう、よろしいんですかっ?!」

滝子「あぁ…箸付けちまって悪いけど、お前たちよかったらこれも食べてくれ」

君子「お母様…」

鞠子「私、大学を卒業したら工場で働く事にします」

常子「え…どういう事?小説は?」

鞠子「このご時世に、そんな事言ってられないでしょ?あっ、でも小説を書く事を諦めた訳じゃないのよ!工場で働きながらでも、文章は書けるし!色々考えて決めた事だから!」

君子「そう…」

常子 鞠子

出典:navicon.jp

すると、清も滝子に話します…

清「お母さん、私は誘われている会社に入ろうと思います…やはり、店の現状を考えるとそれが一番懸命かと…」

滝子「そうかい、お前が決めたんなら反対する理由は無いよ」

清の話しを聞いた、常子が尋ねます

常子「会社って何の事ですか?」

清「あぁ、もうすぐ日本木材統制株式会社と言うのが出来るんだよ」

常子「と、統制株式会社?」

清「つまり、戦争の為に国が木材を管理しようと、作った会社さっ。そこで働けば、毎月決まった給料が入って生活も安定するし、店の方は隈井さんに任せて、僕は外で金を稼いで来る事に専念しようと思ってね…」

みんなの口から出る、暗い話を聞いた美子は…

美子「はぁあ~早く勝たないかなぁ?」

常子「ん?」

美子「戦争よ!だって、日本が勝ったら戦争も終わるんでしょ?そしたら鞠姉は工場に行かなくていいし、清さんだって会社に入らなくて良くなるもの!食べ物だって、自由に手に入るようになるだろうし…今日だって配給の品切れで子ども達泣いてたのよ…この所どこ歩いたって息苦しい雰囲気で、嫌になる…」

すると、隈井が口を開きます

隈井「あのぉ…」

滝子「お前まで暗い話しかい?」

隈井「いえっ!!!むしろその逆でしてねぇ!みんさんに、明るい話をご提供しようかと…^^」

みんな、隈井の明るい話に耳を傾けるのでした!

隈井、子ども達に玩具を配る

翌日、隈井は青柳商店の庭に「青柳教育玩具」という幟を立てて、子ども達を集めます

常子「本当に良く出来ていますねっ!」

滝子「手先が器用なのは知っていたけど、まさか切れっ端でこんな物を作っていたとはねぇ!」

常子「前から少しずつ作っていたそうです!この界隈の重苦しい雰囲気を吹き飛ばしたいって!」

滝子「隈井の望んだ通りになったようだねぇ!」

隈井は、余った木材を利用して、汽車・飛行機・トラック・車等の、木製の玩具を沢山作っていたのです!

子ども達が、イキイキした顔と、賑やかな声で青柳商店の周りは、明るい雰囲気になっています^^

常子、隈井の言葉で…

常子は、隈井の横に座り

常子「こんなに明るい気持ちになったのは、久しぶりです!隈井さんありがとうございました!」

隈井「そんなそんな!お恥ずかしい限りですよっ!あっしは、泣き虫ですけどねぇ、人の事は笑わせるのが好きなんですよっ!」

常子隈井

出典:storage.mantan-web.jp

隈井の言葉に、常子は何か思いつきます!

常子「そうかっ…!」

常子は、何を思いついたのでしょうか…?

常子、企画を提案する

翌日、常子は会社で次号雑誌の企画を提案します

五反田「読者を笑わせる?!」

常子「読者の役に立つ雑誌とは何か?と言うのを考えた結果、今の重苦しくなりがちな銃後の暮らしを、少しでも明るくする事が一番役に立つのではないか?と思いましてこんなご時世だからこそ、読者の皆さんに少しでも笑ってもらえるような、読み物を載せたいんです!」

一同「…。」

みんな、顔を見合わせて黙ったまま、何も意見を言ってくれません…

常子「ダメ…でしたか?」

谷「小橋君…それは、君が来る前に私が提案した企画と同じだ…」

常子「えっ?」

相田「社長も、ユーモアのある話を載せて読者に笑ってもらおう!って言ったんだ…」

常子「そうなんですかっ?!だったら…」

谷「だがっ!3人から反対されてな…」

富樫「このご時世、やはり笑はマズいのではないかと…」

谷「まっ、小橋君の提案としてもう一度決をとろう!次の企画、笑いの有る読み物が良いと思う者!挙手をっ!」

当然、常子と谷編集長の二人だけが挙手します…

五反田、女性の悲しい顔に弱い?

すると!五反田がいきなり立ち上がり

五反田「僕も賛成…!」

谷「何だ?お前。良いのか?」

五反田「えぇ、美しい女性の悲しむ顔は見たくないんで!」

相田「いやぁ、そんな理由で企画を…」

五反田「僕だってね、本当は笑える雑誌が読みたいんだよ?賛成!」

相田「そんな事言ったら…俺も」

一同「えっ?」

富樫「えっ、じゃあ俺も…!」

谷「じゃあ、満場一致と言う事で!」

一同「おおおおおお!」

谷「何で、俺の時に挙げなかったんだよぉ!」

こうして常子の企画は、採用と相成りました!

企画が満場一致となる

Sponsored Link

暗い世の中でも…

昭和16年10月

常子「相田さん!どうでしたか?」

相田「やっと田中先生から原稿をもらえたよっ!」

常子「良かったです~!」

相田「頂いてきましたっ!」

谷「よしっ!田中義彦の作品があれば、今回のユーモア特集は成功したも同然だっ!」

五反田「平凡な家に暮らす男が巻き起こす大騒動!こういう面白い読み物を書かせたら、田中先生の右に出る者は居ないですからねぇ!」

富樫「読者からの反響もきっと凄いですよっ!楽しみですね!」

谷「それじゃあ早速、挿絵を誰に頼むか考えよう!」

常子達は、戦時と言う暗い時代の中でも、何とか前向きに歩んでいました!

鞠子は、大学を卒業し、工場で事務の仕事に就き

小橋鞠子役の女優「相楽樹」の出演朝ドラマやプロフィールは?とと姉ちゃんの次女

清は、木材統制株式会社で働き始めていました

青柳清の俳優の名前は大野拓朗?とと姉ちゃん青柳商店の若旦那でブレイク?

君子、滝子の元気な姿が嬉しい

君子は、滝子の部屋に様子を見に来ますが、部屋に滝子の姿はありません…

滝子の姿は、店にありました

宇野「ははははっ!ようやく出来た初孫なんだよっ!今から楽しみで仕方ないよっ!」

滝子「それじゃあ、お孫さんの為にもいい家を建ててあげなきゃいけませんねぇ!」

宇野「えぇ!このご時世色々厳しいと思うけど、何とかなるもんかな?」

滝子「あぁ…そうですねぇ…」

君子が店の陰から、滝子を見ていると、そこへ隈井がやって来て

隈井「君子さん?」

君子「母にお客様ですか?」

隈井「えぇ、昔馴染みのお客さんなもんでねぇ、清さんに任せないで、ご自分でなさるって女将さん張り切っちゃってぇ!」

そして、滝子は客に

滝子「分かりました!お任せください!ウチは青柳商店ですよ?はははは!こんな情けない木じゃなくて、ちゃんと良い物を用意してみせます!」

宇野「そうですか!よろしくお願いします!」

滝子「はい!^^」

君子は、滝子の店に立つ姿を見て、少し安心した様子です

美子、お婆ちゃまっ子

その夜、君子は三姉妹に滝子の話しをします

美子「お婆ちゃまが?!」

君子「えぇ!あんな元気そうなお婆様のお顔見るの久しぶり!!!」

鞠子「でも大丈夫なのかなぁ?お仕事なんかして…」

常子「その方が、張り合いがあって良いのかもしれないわよ?」

美子「そうよっ!きっとこれから、どんどん具合が良くなってくるに決まっているわよ!」

美子が一番のお婆ちゃんっ子なので、美子がとても喜んでいましたね!嬉しそうな美子を見て、常子もとても嬉しそうでした!^^

常子、挿絵を取りに行く

常子は、会社で五反田に仕事を依頼されます

常子「内務省?!そんな所まで?」

五反田「あぁ!そこの宣伝の部署に出入りしている、花山って男だ。田中先生の作品のカットを貰ってきてくれ!」

常子「カットって、挿絵ですよね?どうしてそんな…」

五反田「ん~学生時代の先輩でねっ!これがなかなか面白い絵を描くんだよ!」

常子「ふ~ん…」

常子は、少し不安な面持ちで話を聞いています

スカートはいて唐沢寿明登場?花山伊佐次のモデルや役柄は?とと姉ちゃん常子と初対面は?

常子は、内務省への道中、五反田から言われた言葉を気にしています

五反田「ただ…ちょっと気難しい男でねぇ…気を付けてくれ!」

常子「気を付けるって、どうやって?」

五反田「うん…その日によってお気に召さない箇所が変わるから…僕にも分からんっ^^;」

五反田、僕にも分からん。

常子、花山伊佐次と出会う

そして、常子は内務省宣伝部へ入ります…

常子「失礼します!あの…すみません、花山様はいらっしゃいますか?」

職員「あっ…花山さんならあちらに…あぁ…でも今は話しかけん方がいいぞぉ…」

部署の奥に、標語を選んでいる花山の姿があります

花山「使って育てる代用品…う~ん…臨戦態勢確立!う~ん…進め、一億火の玉だっ!」

常子 花山 標語

出典:pbs.twimg.com

常子は、恐る恐る花山に近づき

常子 花山伊佐次

出典:navicon.jp

常子「あのぉ…花山さん」

花山「帰れ、邪魔するな」

常子「いやっ、あの私」

花山「帰れ、邪魔するな」

常子「ですからっ…」

花山「帰れ、邪魔するな。三度も言わせるなぁあああああああああああああああ!!!!!!」

花山感情

出典:www.instagram.com

これが後に常子と一緒に雑誌を作り、戦後の復興に挑んでいく事になる、常子の人生最大のパートナー、花山伊佐次との出会いでした…

スカートはいて唐沢寿明登場?花山伊佐次のモデルや役柄は?とと姉ちゃん常子と初対面は?

とと姉ちゃん第69話あらすじはコチラ!

谷逮捕の理由は雑誌の検閲?花山伊佐次の絵がかわいい?

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
読んでくださり、楽しんでくださった方は
FBやツイッターなど「シェア」お願いします。
シェアなどされると、読んでくださっている方がいるんだ!
と、更新を止めないで続ける励みになります!

誰よりも早く受け取るなら「イイネ!」


コメントを残す

とと姉ちゃん投票中

「投票する」をクリックで結果が見れます♪