滝子が常子への別れの言葉が感動的!木曽の療養地とは…?とと姉ちゃん第72話あらすじ

Sponsored Link

遂に…青柳商店は看板を下ろす事となりました

滝子と清は木曽療養地へ行き、小橋家は目黒の借家に移り住む事に

滝子と小橋一家の別れの際、滝子が小橋一家への言葉感動的です

青柳商店の面々ともお別れの会です…

とと姉ちゃん第72話あらすじを紹介します!

とと姉ちゃん第72話

とと姉ちゃんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

滝子は、清と隈井を部屋に呼びます

清「お招きに預かりまして」

滝子「あぁ、座っておくれ」

清「はい」

隈井「失礼しやす、どうしやす?早速一杯やりますか?」

滝子「その前に、話しを聞いておくれ…この青柳商店は、ここで看板を下ろそうと思う」

清「へ?」

隈井「女将さん…」

滝子「店をたたんで、軍に貸し出す」

清「ど、ど、どうしてです?200年続いた看板を守るといつも…」

滝子「だからこそさ。このまま青柳を続けても、納得のいかない仕事をするのはあたしには耐えられない。そんな事をするくらいなら、潰した方がいいんだよ」

隈井「しかしぃ…」

滝子「私は、あと1年ももたないだろう…ふふっ、最後くらいカッコつけさせておくれよぉ、それに、隈井だってもう解放してあげないとねぇ…」

隈井「解放だなんて…」

滝子「感謝してるんだ!隈井には!」

感謝してるんだ!隈井には!

隈井は、泣きながら声にならない声で滝子に聞きます

隈井「ここを引き払って、どうなさるおつもりですか?」

滝子「木曽の得意先から、良い療養地があるって聞いてねぇ、向こうに引っ込もうと思っているよ。だから、お前も気兼ねなくどこにでもお行き」

隈井「女将さん…」

滝子「清は、まだ若いんだ!これからは、店や私に気兼ねせず好きに」

清「私も木曽に行きます。青柳が無くなるのに、深川に残っても致し方ありません。木曽で仕事を見つけて、ずっとお母さんのそばに居ます。情けない話ですがねぇ、私はお母さんに褒められる事だけを考えて生きてきたんだ。今更生き方変えられませんよ!」

隈井「だったら、せめてあっしも木曽までお送りさせて下さい!あっしは、この青柳の番頭です!最後まで最後まで、務めさせて頂きます」

滝子「最後に一芝居、付き合ってくれないかい?」

清・隈井「芝居…?」

滝子が二人に頼んだ最後の仕事「一芝居」とは一体何なのでしょう…?

滝子、廃業を伝える…

翌日、滝子は君子・常子・鞠子・美子を居間に呼んで話しをします

滝子「集まってもらって悪かったねぇ、実はこの店を閉める事になってねぇ!」

君子「まさか、陸軍の借り上げの話しを…?」

滝子「あぁ、受けようと思っている。お国が大変な時だ。小さな木材問屋の行く末など誰にも保証できない。だったら、軍に貸していくらかのお金をもらった方が賢明だと思ってねぇ!」

常子「お婆様が決めた事であれば、私達は何も…」

滝子「目黒に良い借家があってねぇ、隈井が手配してくれたんだ!」

隈井「そこなら、常子さんと鞠子さんの職場からも近いですし、よろしいと思いまして」

君子「お気遣いありがとうございます!でもぉ…お母様達は…?」

滝子「私は、木曽の療養地でのんびり過ごそうと思っているよ。清も来てくれるって言うしねぇ」

清「お母さんの事は任せて下さい。」

すると、美子が…

美子「嫌ですっ!離れ離れなんて嫌です!私も一緒に木曽に行きますっ!」

常子「よっちゃん…」

美子「とと姉ちゃんも、鞠姉も、かかも皆で木曽に行けばいいじゃない!」

一同「…。」

すると滝子が美子に

滝子「勘違いしないでおくれ、私はこの青柳を辞めるわけではない!ほんの一時軍に貸すだけさ!戦争が終わって落ち着いたら、またここに戻って来てまたこの青柳をやる!そしたら、また一緒に暮らせるんだ!」

美子「本当ですか?絶対また戻って来てくれますか?」

滝子「あぁ!祭りに行くって約束しただろぉ?」

美子「はい!」

滝子「はははっ!」

常子 別れ

出典:pbs.twimg.com

滝子は明るく振る舞っていましたが、美子以外は、滝子がもう深川に戻って来ないと悟っていたように見えました…

滝子と君子、最後の別れ

Sponsored Link

一月後、青柳商店は最後の日を迎えました…

君子「お母様、そろそろ…」

滝子「はいよ…」

君子「いいんですか?少し見ていかなくても?」

滝子「生まれた時から毎日見てきたんだ!もう、見飽きたよ!結局守り切ってやれなかったねぇ…偉そうに、君子を守ると言っておきながら…こんな事になっちまった…」

君子「いいえ、お母様にはずっと守って頂いていました。私は、この家に生まれて幸せだと思っています。」

そう言って君子は泣きながら滝子の胸に抱き付くのでした…

滝子と最後の別れ

別れの時、美子が浴衣を手に滝子に話します

美子「お婆ちゃま、これを見て下さい。浴衣です!でも、まだ仕上げていません。今度お会いする時までに仕上げます!だから、必ず帰って来て下さい!」

滝子「ありがとう」

そして滝子は、常子に最後の言葉をかけます

滝子「常子」

常子「はい」

滝子「木材ってのは、今植えた物じゃない、40年50年前に植えた物が育って商品になる。だから、植えた時は自分の利益にならないのさ。それでも、40年後に生きる人の事を思って植えるんだ。次に生きる人の事を考えて、暮らしておくれ」

常子「はい」

鞠子・美子「はい」

清「さようなら!」

隈井「御免下さいやし」

常子 滝子とのお別れ

出典:pbs.twimg.com

これが、滝子の姿を見た最後になりました…

3か月後、深川の木材問屋は全て廃業しました

小橋家4度目の引っ越し

東京・目黒の新しい借家に引っ越した小橋一家

常子「ほうほうほう!これが新しい住まいですかい!」

君子「浜松の家に少し似ているわぁ」

鞠子「また、4人に戻ったのねぇ…」

常子「改めまして、どうぞよろしくお願いします」

一同「こちらこそ」

常子 引越

出典:pbs.twimg.com

小橋一家が4度目の引っ越しを終えた頃

  • 海軍はミッドウェー海戦に敗北
  • 日本は苦戦を強いられる

更なる苦難の時代へと、突入していくのです…

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
読んでくださり、楽しんでくださった方は
FBやツイッターなど「シェア」お願いします。
シェアなどされると、読んでくださっている方がいるんだ!
と、更新を止めないで続ける励みになります!

誰よりも早く受け取るなら「イイネ!」


コメントを残す

とと姉ちゃん投票中

「投票する」をクリックで結果が見れます♪