花山伊佐次「スタアの装ひ」を買う?売れ残った雑誌の数は…?とと姉ちゃん第84話あらすじ

Sponsored Link

常子達の雑誌「スタアの装ひ」はコピーされてしまい

沢山の類似品が安く販売されてしまいました…

常子達の雑誌は、相当な売れ残ってしまい、1冊目は失敗に終わります

そんな常子達の雑誌を、花山伊佐次は書店で見つけて買うのです!

とと姉ちゃん第84話あらすじを紹介します!

第84話あらすじ

とと姉ちゃんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

小橋一家は増刷した1000部を持って、再び闇市に繰り出しますが…

美子「とと姉ちゃん!ちょっとこれ見てよっ!」

鞠子「何よ、これ…!」

君子「スタアの洋服…随分似た本ねぇ!」

鞠子「似てるんじゃないです!きっと真似したんですっ!」

君子「へっ?!」

小橋一家が頑張って作った【スタアの装ひ】を真似した雑誌が、数多く並べられていました…

常子 コピー

出典:pbs.twimg.com

売れたらコピーされるよ!

すると、書店の男性が…

書店の男性「ははは~そうだろうねぇ!売れたって噂になった本は、すぐ似たようなのが出から!」

常子「スタアファッション…スタアの着物…」

鞠子「スタアの彩り…ファッションは装ひ…!敵も考えるわね…」

美子「これなんて酷いですよ!」

一同「装ひのスタア?!」

常子「逆さにしただけじゃないっ!」

鞠子「もはや、意味も分からない…」

君子「あ…真似されるなんて、光栄じゃない?こっちが元祖なんだもの!自信持って売りましょう!」

常子達の雑誌は、完全にコピーされてしまいました…

全く売れず…

小橋一家は、雑誌を売りますが

君子「いかがですか?スタアの装ひ!これさえあれば…」

女性1「あぁ!似たような買ったからいいよぉ!」

女性2「私も!」

君子「でも、この雑誌が元祖なんです!」

女性達「そんな事は知らないよぉ!いくらなのぉ?」

君子「7円です!」

女性達「7円?!この前買ったのは、4円だったよ!高いわねぇ…!!!!」

コピーされた常子達の雑誌は、安く売られているようで全く売れません…

1000冊中、716冊売れ残り…

一月経っても、増刷した【スタアの装ひ】はわずかしか売れていませんでした…

鞠子「全部で716冊…ほとんど残っちゃったね…」

君子「真似されちゃったから…最初は売れたもの!」

常子「それだけではありません…私の管理の甘さのせいです…」

君子「安くしようと、仙花紙を選んだのは私ですから…」

美子「まさか、こんなにボロボロになる紙だったとは…」

美子が、雑誌のページを開くたびに、紙が破れるというより、割れてぽろぽろ落ちてきます…

美子「どうする?とと姉ちゃん…」

常子「悪評も取っちゃったし、2冊目を売るのは1冊目を売る時より大変だと思う…」

鞠子「そんなに…甘くなかったって事よね…立ち止まるなら、今しかないんじゃない?次失敗したら、お金本当に無くなっちゃうよ…」

鞠子は、完全に弱気になっていますね…

鉄郎、ジーンズ事業に失敗

そこへ、鉄郎が帰ってきます

一同「お帰りなさい…」

鉄郎「おぉ…」

鉄郎は、そう言って部屋に戻り自分の荷物を全部持って…

鉄郎「じゃあな…」

常子「え、ちょ、ちょっとま、待って待って!え?え?」

鞠子「どうしたんですか?突然?!」

鉄郎「すぐ、舞鶴行かなきゃなんないんだっ!新しいビジネス始めるんだよっ!」

美子「えっ?ジーンズは?こっちで一山当てるんでしょ?」

鉄郎「そのつもりだったんだけどよぉ…俺の方も失敗しちまった…」

常子「えぇ…」

鉄郎「仕入れの為に大金払った後で、進駐軍の元締めが、MPに捕まっちまってよぉ…はぁ…大儲け出来そうだったのになぁ…くそっ!そいつも、売れる時に値引きしてでも売りつくした方が良いぞっ!今舞鶴は、引揚船の港として賑わっているらしい!そこで、今度こそ一旗揚げてやる!」

常子「叔父さん!お金っ!」

鉄郎「金?」

常子「お借りした資金、まだ返せてません!」

鉄郎「あぁ!いいよっ!今返しちまったら、次の本が創れなくなるだろ?」

常子「え…でもぉ!」

鉄郎「常子、鞠子、美子、諦めないでもう一度出せっ!俺は、当分東京には戻らねぇ!俺の居る所の本屋にも置かせてもらえるような雑誌、作ってくれ!見つけたら、すぐさま電報打つから!なっ?達者でな!」

鉄郎は、そう言うとすぐに玄関から出て行ってしまいました…

とと姉ちゃんの向井理の役柄は?おじさん小橋鉄郎はどんな人物?

美子「行っちゃった…」

鞠子「何だかんだ言って、居ないと寂しくなるねぇ…」

美子「そうそう!この1年、叔父さんが居てくれて心強かったわ!」

君子「そうねぇ、男の人が居るのと居ないのでは、違ったのでしょうねぇ…」

常子は、玄関に突っ立ったまま、動きません

君子「常子?」

鞠子「どうしたの?」

常子「あと1冊頑張ってみない?もう後は無いけど、やるだけやってみようっ!」

鞠子美子「うん!」

君子「頑張りましょう!私も何でも手伝うからねっ!」

常子鞠子美子「ありがとうございますっ!」

常子 決意する

出典:amd.c.yimg.jp

常子は、ボロボロになった【スタアの装ひ】を手に取って、覚悟を決めるのでした!

花山、雑誌を手に取る

Sponsored Link

その頃、花山伊佐次は、以前五反田から聞いた常子の雑誌の事を思い出し、書店を訪ねます

花山「なぁ君、スタアの装ひって本はあるか?」

書店の男性「スタアの装ひ?えぇ…どれだったかなぁ?あっ、そうそう!」

書店の男性は、端の本の山を崩しながら、スタアの装ひを探します

花山「なぜ、そんな所に置いてある?」

書店の男性「いやぁ…ちっとも売れなくて、引き取ってもらおうと思ってねぇ!はぁ、値段は高いは、紙の質は悪いわで、すぐボロボロになっちゃうって噂が広まっちゃってよぉ!そうなったらもう、誰も買わないわっ!あっ、あった!あんた、買うのかい…?」

花山「あぁ…」

書店の男性「7円だ」

花山は、常子達の雑誌スタアの装ひを手に取り、眺めるのでした…

スカートはいて唐沢寿明登場?花山伊佐次のモデルや役柄は?とと姉ちゃん常子と初対面は?

常子、助言を貰いに甲東出版へ

常子は、2冊目の雑誌を創る為に、甲東出版へアドバイスをもらいに行きます

谷「そうかぁ…そんなに売れ残ったのかぁ!」

常子「えぇ…」

谷「あ…小橋君申し訳ない…!」

常子「えっ?」

谷「あぁ…もう新しい奴を雇ってしまったんだよ…だから、君を受け入れる余裕が…」

常子「あ、あっ!いや、あのそういう相談ではなく…2冊目を作る上で、何か助言を頂けないかと…」

谷「あっ!そういう事?^^あ…そういう事かぁ…」

五反田「この前も言ったけど…女性向けの雑誌は、僕等も詳しくないからねぇ…」

常子「あぁ…何でもいいんです!何かありませんか?!もう失敗出来ないんです!」

谷「だがぁ…女性目線の雑誌等、皆目分からんのだよぉ…」

相田「そうなんですよねぇ…我々の目から見たら、悪くない紙面の気がしたんだけど…」

富樫「いや、そもそも我々の目が社長によって培われた物だしねぇ…ふふふ!」

谷「何だ?!その言い方っ!え?何だ?俺が悪いのかっ?!」

一同「いやっ!そういうわけじゃっ!!!!」

相田「どうせ助言貰うなら、別の人が良いんじゃないかなぁ?」

常子 甲東出版

出典:amd.c.yimg.jp

やはり、甲東出版の面々には、助言をする事は難しかったようです^^;

しかし、五反田は何か常子に言ってあげたいようで…

花山伊佐次に相談してみろっ!

家に帰ろうとする常子を、五反田が追いかけてきます!

五反田「常子君!あの人に相談してみろよっ!」

常子「あの人…?」

五反田「花山伊佐次!会った事あるだろう?」

常子「花山さん…?あっ、あの内務省に居た方ですよね?」

五反田「あぁ…そう!その花山さん!」

常子「私、あの人どうも苦手で…」

五反田「あぁ…正直な人なんだよ!」

常子「でも、花山さんって挿絵を描かれる方ですよね?」

五反田「だけじゃない!あの人は元々、帝大新聞の編集長だったんだ!ウチの編集長がヘソを曲げると厄介だから、今さっきは言わなかったんだけど、花山さんってのは、絵も文章も、編集の力量も、業界じゃ有名だったんだぞ!だから、宣伝標語で、内務省からお呼びがかかったんだ!」

常子「あぁ…でもあの方はちょっと…」

五反田「確かに、行動は自分本位だし、発言は歯に衣着せぬので、傷つけられる事も多いよ…でもねあの人の女性への目線は、男性から女性を見た視点ではなく、どことなく女性側の視点で見ている気がするんだっ!」

常子「あの方がですか…?」

五反田「あぁ!花山さんが書いた文章や、挿絵なんかからは、そんな匂いがするんだよなぁ!」

常子「確かに、あの方の挿絵は好きですけれど…」

五反田「きっと、君の作ろうとしている雑誌をより良くしてくれるはずだっ!これっ!訪ねてみてごらん!」

常子「はい…。」

女性の視点で見ている気がするんだ

五反田は、常子に花山伊佐次の住所を書いた紙を、渡します

谷逮捕の理由は雑誌の検閲?花山伊佐次の絵がかわいい?

常子、花山、お互いの作品を見る

その頃、花山伊佐次は自宅で先程買った【スタアの装ひ】を読んでいます

雑誌を読む、花山伊佐次

帰宅した常子は、以前花山伊佐次から受け取った挿絵を、押し入れから出して眺めます

常子挿絵を貰う

出典:pbs.twimg.com

常子 挿絵

出典:i.ytimg.com

そして、五反田にもらった花山伊佐次の住所を見て、決心するのでした…

とと姉ちゃん第85話あらすじはコチラ!

寺田農演じる関元和四郎と唐沢寿明演じる花山伊佐次の関係とは…?

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
読んでくださり、楽しんでくださった方は
FBやツイッターなど「シェア」お願いします。
シェアなどされると、読んでくださっている方がいるんだ!
と、更新を止めないで続ける励みになります!

誰よりも早く受け取るなら「イイネ!」


コメントを残す

とと姉ちゃん投票中

「投票する」をクリックで結果が見れます♪