創刊号の目玉企画直線裁ちの簡単な作り方とは?モデルは誰?とと姉ちゃん第94話あらすじ

Sponsored Link

花山が娘の姿を見て思いついた「直線裁ち」と言う洋服は

布地から端切れを出さずに、しかも裁縫の技術が無くても簡単に誰でも作れる洋服でした!

創刊号の目玉企画である「直線裁ち」の簡単作り方とは一体…?

そして、洋服を着て雑誌を飾るモデルになるのはなのでしょうか?

とと姉ちゃん第94話あらすじを紹介します!

第94話あらすじ

とと姉ちゃんのあらすじとストーリーを5分で振り返り

花山「わかったんだ!」

常子「簡単に作れる洋服ですか?!」

花山「あぁ!」

一同「ええええええ!」

花山は、君子に裁ち台を借りて、持ってきた布を切り始めます

小橋一家 花山生地を切る

出典:encrypted-tbn0.gstatic.com

常子「型紙は使わないんですか?」

美子「これじゃ、まるで着物じゃないですか!」

花山「黙って見いろっ!よしっ」

常子「…これでおしまいですか?」

花山「お母さん、ご協力お願いできますか?」

君子「はい…」

花山は、布をただ何ヶ所か切っただけで、手を止めます…

単純作業で洋服が完成?!

花山は、君子にミシンで布を縫ってもらいながら、三姉妹に説明します

花山「まず、二枚の布地を縫い合わせる。繋がった布地を二つに折って、腕を通す分だけ余白を作って、両脇を縫い合わせる。」

君子「花山さん、次は?」

花山「お母さん、ありがとうございます。これで、出来上がりです」

常子「…ん?」

とても簡単な工程に、みんな目を丸くしています!

常子、試着

そして、出来上がった洋服を常子が着てみます

常子 直線裁ち

出典:pbs.twimg.com

一同「わぁ~!!!!」

花山「これが直線裁ちだ!」

美子「直線裁ち?」

花山「うん、布を直線に切るだけなので、型紙もいらないし、布地の無駄も出ない。1反の布地から、ワンピースなら3着分も作れる!布地を直線に縫うだけなので、難しい技術もいらないし、夏物なら2時間もあれば完成する!」

鞠子「すごぉ~い!!!」

美子「こんな便利な方法、どうして今まで秘密にしていたんですか?」

花山「昨日思いついた!散髪をしている娘に新聞をかぶせているのを見てね!」

一同「へぇ~!」

花山「そもそも、直線裁ちとは和服の作り方なんだ。」

常子「はぁ、確かに和服と同じように身体の線にも沿い過ぎずに、ゆったりとしているので、とても着心地が良いです!それに、この紐で腰を結べばくびれも出来て、美しいシルエットになりますし、日本人の体形に合っていますね!」

君子「確かに!これなら、私にも着られるわ!」

花山「簡単でかつ、無駄のないこの直線裁ちが、この国の衣服不足に役立つと思うんだ!和服で洋服を作るんだよっ!ほらっ!」

そう言って花山は、小橋一家に様々なスタイルの直線裁ちのイラストを見せます

一同「わぁ~!!!!!」

常子「これで、創刊号の目玉企画が決まりましたねっ!」

花山「うん!」

君子「素晴らしいわっ!」

鞠子「皆あっと驚くわねっ!」

美子「じゃあ、試着品を沢山作って、この絵を雑誌に載せて…」

すると、花山は大きな声で…

花山「愚か者!載せるのは、絵ではなく写真だっ!」

常子「写真…?」

花山「写真記事も売りの一つにしようと考えている!視覚に訴えるべき。とは、以前にも伝えたな?」

美子「はいっ!」

花山「写真であれば明確に伝えていく事が出来ると、思わないか?」

鞠子「確かに!」

常子「ですが、写真を載せるとなるとお金が…」

花山「それは、君が何とかする問題だ!金は雑誌が売れればいいだろう!売れない事を考えて作る奴があるか」

常子「…わかりましたっ!」

花山「ではすぐにモデルを用意してくれっ!」

鞠子「モデル?」

花山「我々の服を着て、写真を撮る。この雑誌の顔になる存在だ!」

鞠子美子「はいっ!」

すると、常子が…

常子「あっ…その前にこれを教えたい人が居るんですが…」

常子 直線裁ち ワンピース

出典:pbs.twimg.com

花山が思い付いた「直線裁ち」は、単純な作りながらも、今までありそうでなかった洋服の作り方でした! 

常子達、女給達に直線裁ちを教える

Sponsored Link

常子は、綾達に反物、もしくは浴衣を持って来るよう呼びかけたのです!

そして「カフェ浪漫」の女給達に、直線裁ちでのワンピースの作り方を教えます!

常子 教える

出典:storage.mantan-web.jp

ワンピースのフィッティング

出典:storage.mantan-web.jp

女給達「わぁ~綺麗ねぇ!!!」

美子「この直線裁ちであれば、一反の布地からワンピース1着、ブラウス4着の計5着の洋服を作る事が出来るんです!そしたら、洗濯だって!」

綾「5着?!」

艶子「いいわねぇ~弓子はぁ~!あたいなんか、塗ってもらおうにも余分の布地すら無いよ!」

梢「あたし等だってねぇ!」

女給達「そうよぉ~」

美子「ご安心あれ!実はこの方法、着物からでも作る事が出来るんです!」

女給達「えぇぇえええ!」

鞠子「着物をほどいて作れば、1枚の着物から、3着の洋服が作れます!」

さくら「凄いじゃないっ!!!本当なの?!」

常子「もちろん!試してみます?」

さくら「是非!これで頼みますっ!」

常子「はいっ!」

お蝶「私も頼むよっ!」

綾「私も、お願い!」

常子「はいっ!」

艶子「あたいは…この浴衣しかないっ!仕方ない!脱ぐからすぐにやっとくれよっ!」

一同「ちょちょちょちょちょ!!!!男の方も居ますから!」

一同が、花山の方を見ると、花山は何も言わずに部屋から出て行きました^^;

女給達、明るい顔に!

そして、女給達のワンピースが出来上がり、皆が着替え終わりました!

梢「今日は疲れているだろうから、これで終わりにして、残った布地の分はまた今度!」

常子「あ、あ、みなさんあの、これからはご自分で…」

梢「あぁ!そうだねぇ!」

さくら「これだったら、私達にも作れそうだもの!」

鞠子「その為の直線裁ちですから!」

弓子「同じ着物で、店に出なくて済みますねっ!」

お蝶「臭いの心配もなくなるよ!」

艶子「これでどんどんお客が付くねぇ!!!」

梢「艶子はどうだろう?」

艶子「そんなぁ~!!!」

女給達

出典:www.instagram.com

女給達は、ワンピースを身にまとって、とても明るい顔で話をしています!

その様子を花山は真剣な顔で見ながら、何かを考えています!

とと みんな笑顔

出典:pbs.twimg.com

梢「ありがとうね!こんな便利な事教えてくれて!」

常子「いえ!」

さくら「じゃ、早速お店出てみよう!」

女給達「あたいも~!」

綾、常子に感謝

綾は常子に尋ねます

綾「どう?似合っているかしら?」

常子「うん!とっても!」

綾「こんなに晴れやかな気持ちになったのは、本当に久しぶりだわっ!」

常子「私も!そんな綾さんの顔を見られたのは久しぶりだわっ!」

綾「何だかね、忘れてはいけない事だと思ったわ!どんなに惨めでも、お洒落したい!って気持ちだけは!」

常子「うん!どんなに悲しくても、うん。むしろそんな時こそ、お洒落したい!って思えば、きっとほら、明日はもっと明るくしてやろう!って思えるんじゃないかしら?」

綾「えぇ!ありがとう!」

綾の顔も、女学校時代のとても明るい綾に戻っていました!

とと姉ちゃんの親友中田綾役は誰?阿部純子は慶応大生で前の芸名は吉永淳?

花山、モデルは必要ない

常子は、部屋の隅で話を聞いていた花山に…

常子「すみません!花山さん!ずいぶん時間を…すぐにモデル探しをしてきます!」

花山「いや、その必要は無くなったぞ!」

常子「え?」

花山は、「カフェ浪漫」の女性たちの笑顔を見て、誰をモデルにしようと考えたのでしょうか?

花山、モデルに誰を起用したの?

後日、会社でモデル撮影が始まりました!花山がカメラマンを務めます

花山「じゃあ行くぞぉ!ほらぁ!もっと自然に笑って!自然に!もっと自然にだ!はぁ…一回止めよう…多少は覚悟していたが、これは素人以下だぞ…」

美子「すみません…」

綾「あの…本当に私達でいいんでしょうか?」

花山「何だ?怖気づいたのか?我々が作る雑誌は、庶民の為の雑誌だ!雑誌を手に取ってもらっても、写真に写るモデルが、明らかに自分と住む世界と違う人だったら、着ている服に共感してもらいないだろう!知性の人間が着てこそ、直線裁ちの服の良さが伝わるってもんだ!」

常子「その通りだと思うのですが…顔がこわばってしまって」

花山「それは君たちの問題だ!どうすれば上手く笑える?笑え!」

鞠子「それが出来たら、とっくにやってます!」

美子「ただ上がっているだけです!時間が経てば…」

花山「もう2時間だぞ!いつになんだ、その時は?!ねぇ!!!!お母さぁん!!!」

君子「へぇ?!あぁ!!!」

とと モデル 緊張

出典:pbs.twimg.com

いきなり花山に「お母さぁん!!!」と叫ばれた君子は、慌てて、引きつった笑顔を4人に見せて、笑うように言うのでした^^;

水田、君子と初対面

そこへ、水田正平が会社に差し入れを持ってやって来ます

水田「失礼します!」

鞠子「あっ、水田さん!」

花山「動くな!まだ終わってないぞ!君、水田と言うのか?」

水田「あ、はいっ!」

花山「何しに来た?撮影中だぞ!」

水田「いや、えっと僕…」

花山「撮影の邪魔をしないでくれ!」

水田「はぁ…」

花山にきつく言われた水田は、落ち込んで君子の隣に座ります

君子「あっ、水田さん。いつもお世話になっております!」

水田「え?ははっ、えっとぉ…?」

君子「あぁ!常子、鞠子、美子の母です」

水田「えぇえええええ!鞠子さんのお母さぁ~ん!!!!?」

君子と初対面だった水田は、惚れている鞠子のお母さんだと知って、慌てて立ち上がり、持ってきたりんごをばらまきます!

水田「あぁ!!!!すみませんすみません!」

花山「私の言葉が、聞こえなかったのかぁああああ?」

水田「すみません!あぁ!」

水田がリンゴを拾ったり、落としたりする姿を見て、綾と三姉妹は笑うのです!

花山、水田に感謝する

すると、花山は皆の緊張が解けたのを感じ…

花山「おお、いいぞ!そのままでいいぞ、そのまま喋り続けなさい!」

水田「おっとっととと!」

花山「君、水田君と言ったな?」

水田「はいっ!」

花山「今日の所は感謝する!」

水田「へ?」

花山「いいぞいいぞ、そのままでいいぞ!水田君、水田君!」

水田「はい!」

花山「踊りたまえ!」

水田「踊る?踊るのはちょっと…」

花山「早く踊りたまえ!」

とと 創刊号

出典:pbs.twimg.com

とと 綾常子 モデル

出典:pbs.twimg.com

こうして水田の活躍?もあって、創刊号の目玉企画である直線裁ちの記事が完成しました!

暮らしの手帳の大橋鎭子さんがとと姉ちゃんのモデル?生き方と経歴は?

水田、鞠子に謝る

会社からの帰り道、水田は鞠子に謝ります…

水田「今日は、ごめんなさい。すっころんでしまって…」

鞠子「いえ、お蔭で緊張が解けたので良かったです!」

水田「そう言って頂けると、救われます!」

鞠子「けど、ウチで働きたい気持ちをまだ持っていてくださるなら、もっと有能な所を売り込んでいかないと!」

水田「はぁ…そうですよねぇ…」

鞠子「もっとしっかりして下さいね!」

水田「はいっ!」

鞠子は、水田の事が色んな意味で気になるようですね…!

花山、創刊号のイラストをみせる

常子は、会社に残り支出の計算をしています

するとそこへ、花山が来て…

花山「常子さん、いいかい?」

常子「はい」

花山「どうかな?」

常子「可愛らしい」

花山「これを表紙にしてみないか?驚くのは分かる。女性誌の表紙なら普通、綺麗な女の人の写真かイラストだからねぇ、だが…」

常子「いいですねぇ、花山さん!私達が目指す豊かな暮らしが、ここにあるような気がします」

花山「ならば、結構!」

とと 創刊号表紙

出典:pbs.twimg.com

そして花山は最後に、イラストの中に「H」を記します

常子と花山が目指した、庶民の暮らしを少しでも良くする為の雑誌が、いよいよ完成を迎えます!

とと姉ちゃん第95話あらすじはコチラ!

あなたの暮らしが大ヒット!常子達の事業の邪魔をする敵は誰…?

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
読んでくださり、楽しんでくださった方は
FBやツイッターなど「シェア」お願いします。
シェアなどされると、読んでくださっている方がいるんだ!
と、更新を止めないで続ける励みになります!

誰よりも早く受け取るなら「イイネ!」


コメントを残す

とと姉ちゃん投票中

「投票する」をクリックで結果が見れます♪