出版社の校閲部の年収は?仕事の内容は地味?校閲者になるには?

Sponsored Link

10月5日(水)22:00~放送が始まったドラマ『地味にスゴイ!』

このドラマでは、ファッション誌の編集に憧れて出版社に入社するも

校閲部に配属されてしまった女性が校閲という仕事に奮起していく物語です!

校閲という、まだまだ未知な職業にスポットライトを当てたドラマの影響で

校閲の地味仕事内容年収が話題となっています^^

校閲者になるにはどうすればいいのでしょうか?

校閲部の仕事内容を知って、ドラマも楽しみましょう!

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子

地味にスゴイ!

出典:www.oricon.co.jp

あらすじ

お洒落大好きスーパーポジティブ女子河野悦子(こうのえつこ)

ファッション編集者を夢見て、出版社に入社するも…

配属されたのは、超地味校閲部

「仕事ぶりが認められれば、希望の部署に移れるかもしれない」

そう校閲部長に言われその気になった悦子は…

ファッション編集部への異動を目標に、地味な校閲の仕事でも真っ向勝負!

ド派手ファッションを身にまとって、校閲の仕事を超えて大暴れする女性のドラマです!

石原

出典:eonet.jp

校閲の仕事って?

校閲(こうえつ)とは?

「しらべ見ること。他の人の文章・原稿などに目をとおして正誤・適否を確かめること」(広辞苑調べ)

⇒書籍や出版物などの著者が書いた文章の、誤字・脱字・文章の内容や意味が正しいがどうかを

赤色の筆記用具を使用しながらチェックして訂正していく職業

校閲

出典:www.asahi.com

校閲者の仕事内容

編集者から「ゲラ」と呼ばれる途中段階の原稿を預かり

深く読み込み、間違いや矛盾、疑問点を指摘するお仕事です!

こんな「間違い・矛盾・疑問点」を指摘します!
  • 一番最初に泣き始めたのは花子だった…

「最初」と言う言葉に「最も」という意味が含まれているので

「一番最初」だと「一番」の意味が二重になってしまいます。

  • 彼はひとりで爆笑している

「爆笑」の本来の意味は「大笑いする」ではなく

「大勢が一斉に笑う」なので、1人では「爆笑」はできません。

  • 口をいっぱいに広げてウィンナーにかぶりついた

「ウィンナー」は太さが2センチ以下の物を指すので

口いっぱいに広げるなら「フランクフルト」の方がいいのでは?

  • コートをひるがえして闇へ消えて行った…

前のページに「海水浴」という表現がありますが

そんな季節にコートを着ているのですか?暑くないですか?

  • 7時14分発の列車にギリギリで飛び乗った!

今年、時刻表が改定されました。

現在7時14分発の列車は存在しないので、この話は成立しません。

その他にも…
  • 文章の雰囲気が雑誌の雰囲気にマッチしているか
  • レイアウトに問題はないか
  • 原稿を総合的にチェック

当然ながら、正しい知識が必要となり、膨大な量の原稿を処理しながらも、ミスの許されない職業です!

校閲部の方々は、間違いのない本作りに欠かせない存在で

仕事自体は地味かもしれませんが、出版における縁の下の力持ちなのです!^^

kouetu

出典:img-cdn.jg.jugem.jp

校閲者の年収は?

Sponsored Link

校閲者の雇用形態や業務形態によって、年収・給料が変わります

  • 大手出版社正社員(初任給:24~26万円)
    ⇒年収:1千万円越
  • 中小規模記者・編集者
    ⇒年収:数百万円程度
  • 校閲プロダクション正社員
    ⇒年収:300万円~400万円
  • 校閲プロダクションアルバイト
    ⇒時給:900円~1800円程度
  • フリーランス
    ⇒1文字当たり:0.5円~10円程度
    個人の能力・実務経験、校閲内容によって幅があり

大手出版社・新聞社の校閲部は、その企業の給与体系に依る為、給料や年収は高くなります

原稿には期日がありますから、残業も多い職業のようで

フリーランス・契約社員・アルバイトなどの雇用形態では、逆にとてもキツイ仕事のようです^^;

また、実務経験や能力で給料も上がっていく職業ですが、老眼になると作業効率が落ちる為、難しいとの意見もありました…!

校閲者になるには?

校閲者になる為には学歴も資格も必要ないと言うからビックリです!

  • 1966年 日本エディタースクールが主催『校正技能検定』
    ⇒絶対に受けなければならないと言う検定ではありません

『校正技能検定』はあくまでも、腕試しのような試験のようです!

editor

出典:pbs.twimg.com

  • 出版社・新聞社・プロダクション・印刷所などに就職して校閲部に所属する
  • 中小規模の出版社で、記者・編集者になる
    ⇒編集者自身で校閲作業を行う出版社もある為
  • エディタースクールに通い在宅校閲者になる
  • 校閲・校正メインの会社に就職する

参考:careergarden.jp

まとめ

徐々に世に知られて来た『校閲』という職業

集中力や根気がある方や、興味が幅広く好奇心旺盛な人も、校閲の仕事に向いているようです!

『地味にスゴイ!校閲ガール』の放送で、校閲という職業が話題になる事間違いなしです^^

ドラマを楽しみながら、校閲と言う職業を深く知れるのも魅力ですね!

夜長の秋、新ドラマで、新しい知識を手に入れましょう^^

Sponsored Link

いつもありがとうございます。
読んでくださり、楽しんでくださった方は
FBやツイッターなど「シェア」お願いします。
シェアなどされると、読んでくださっている方がいるんだ!
と、更新を止めないで続ける励みになります!

誰よりも早く受け取るなら「イイネ!」


コメントを残す

とと姉ちゃん投票中

「投票する」をクリックで結果が見れます♪